Windows 11Windows Update に関する問題システムに関する問題問題解決全般

Win11 Windows Update 「0x80190001」エラーの原因と修復法

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows Update は、セキュリティの更新やシステムの様々なバグ等の修復、デバイスドライバの更新などをする、とても重要なものです。

Windows 11 には、現在一部の特定の環境で様々な不具合が出ていますが、それらを修復する更新プログラムもこれからたくさんリリースされることと思います。

その中で、今回は Windows Update の実行時に「0x80190001」エラーが出る場合の原因と修復法を紹介したいと思います。

「0x80190001」エラーの原因と修復法

「0x80190001」エラーは通常、Windows Update のダウンロードとインストール中に発生し、システムの速度の低下、フリーズなどが同時に起こる場合があります。

「0x80190001」エラーの原因

この問題の一般的な原因には、次の 3つがあります。

  • 誤った時刻と日付が設定されている
  • システムファイルが破損している
  • 互換性のないサードパーティ製のセキュリティソフトがインストールされている

スポンサーリンク

「0x80190001」エラーの修復法

セキュリティソフトを一時停止してみる

Windows Update を行う前に、セキュリティソフトを一時停止してから実行してみましょう。

一部のセキュリティソフトは Windows Update に干渉して更新が失敗することがあります。

PC の再起動をしてみる

PC を長期間再起動していない場合、システムが不安定になる場合があります。

再起動をすることで簡単に治ってしまうこともありますので、まずは再起動を試してみましょう。

通常の再起動では解決できない場合がありますので、その場合は次の方法をお試しください。

再起動方法

まず高速スタートアップの無効化方法を参考に「高速スタートアップ」を無効にし、スタートボタンからシャットダウンを実行します。

PC の電源が切れたら、PC の電源コンセントを抜き、30秒以上放置してからコンセントを挿し、電源を入れます。

ノート PC の場合、コンセントを抜いたらバッテリーを外しておき、30秒以上放置し、バッテリーをセットしてからコンセントを挿して電源を入れます。

Windows Update トラブルシューティング ツールを実行する

次の記事を参考に、Windows Update のトラブルシューティングを実行してみましょう。

Win10/Win11 トラブルシューティングツールを使って問題を解決する

日時の確認

Windows Update は、日時が間違って設定されている場合、「0x80190001」エラーが出て更新に失敗することがあります。

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

ms-settings:dateandtime

「日付と時刻」が開きますので、日付と時刻が正しいか、「時刻を自動的に設定する」がオンになっているかを確認してください。

もしもオンに設定されているのに日付と時刻が違っている場合、オフに設定し、下にスクロールして「日付と時刻を手動で設定する」の右側にある「変更」をクリックして手動で入力しましょう。

日付と時刻は定期的に確認しましょう。

日時がずれている場合、Windows Update で更新プログラムのチェック時に無視される可能性があります。

スポンサーリンク

システムファイルの修復

上記の方法で解決できない場合、システムファイルの破損が考えられますので、修復を実行します。

次の記事を参考にシステムファイルの修復を行ってみてください。

Win10/Win11 システムファイルの修復「システムファイルチェッカー」

システムファイルの修復で解決できない場合、Windows イメージの修復を試します。

コマンドプロンプトを管理者として開き、次のコードを入力して Enter を押します。(イメージのチェック)

コマンドプロンプトの開き方(管理者として実行):

Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き「cmd」と入力し、Shift + Ctrl キーを押しながら Enter を押してください。

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Scanhealth

イメージの修復が出来るかのチェックが開始しますので、そのまま終わるまで待ちます。

「コンポーネント ストアは修復できます。操作は正常に完了しました。」と表示されたら

そのまま次のコードを入力して Enter を押します。

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

イメージの修復が開始しますので、修復が終わるまで待ちましょう。(少々時間がかかります)

「復元操作は正常に完了しました。」と表示されたら、コマンドプロンプトを終了し、もう一度 Windows Update を実行してみましょう。

スポンサーリンク

SoftwareDistribution フォルダーをクリーンアップする

Windows 11 バージョン 22H2 へのアップデートが失敗する場合の解決法を参考に、SoftwareDistribution フォルダーをクリーンアップしてから Windows Update を実行してみましょう。

クリーンブートを実行

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

msconfig

「システム構成」が開きますので、全般タブの「スタートアップの選択」で、通常は「通常スタートアップ」が選択されていますが、「スタートアップのオプションを選択」をクリックし、「スタートアップの項目を読み込む」のチェックを外します。

そのままサービスタブを開き、左下にある「Microsoft のサービスをすべて隠す」にチェックを入れ、「適用」をクリックします。

OK をクリックしてシステム構成を閉じます。

次にタスクマネージャーを開き、スタートアップタブで不要な項目を無効にします。(わからない場合はそのままにしておきましょう)

PC を再起動してから Windows Update を実行してみましょう。

これらの方法でほとんどは解決できるかと思いますが、解決できない場合は初期化を試す以外の方法はないかもしれません。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました