Windows 10Windows 11システムに関する問題問題解決全般自作ソフト

Win10/Win11 メモリ整合性をオンにできない場合の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、メモリ整合性をオンにできない場合の対処法を紹介します。

Win10/Win11 メモリの整合性とは?オンにしたほうがいい?オフにする方法

メモリ整合性を「オン」にすることで、お使いの PC のセキュリティを強化することが出来ますが、一部の環境では「オン」にできない場合があります。

スポンサーリンク

メモリ整合性をオンにできない場合の対処法

メモリ整合性をオンにできない原因

メモリ整合性をオンにできない原因は主に次の 2つです。

1.ハードウェア仮想化が有効になっていない

メモリ整合性を使用するには、システムの UEFI または BIOS でハードウェア仮想化を有効にする必要があります。 

BIOS 画面は各メーカーで違いますので、取扱説明書(マニュアル)、またはメーカーのホームページでご確認ください。

2023/09/07:

こちらは筆者の PC の BIOS(UEFI)画面ですので参考にしてみてください。(ASRock B550M-P4)

ASRock B550M-P4 – BIOS(UEFI)画面

アドバンスド>CPU 設定>SVM MODE = Enabled

説明:Enabled/Disabled CPU Virtualizatiaon(CPU仮想化の有効化/無効化)

各メーカーの BIOS(UEFI)画面の表示方法

2.互換性のないドライバーがインストールされている

PC に互換性のないドライバーがインストールされている場合、「メモリ整合性」を「オン」にできず、「互換性のないドライバーを確認する」が表示される場合があります。

コア分離- メモリ整合性

「互換性のないドライバーを確認する」をクリックすると「互換性のないドライバー」が表示されます。

MicroSoft より

1つまたは複数のドライバーが表示される場合があります。

互換性のないドライバーを削除する

「メモリ整合性」をオンにするためには互換性のないドライバーがインストールされていない状態にしなければなりません。

MicroSoft は互換性のないドライバーを削除するよりも、まず最新のドライバーに更新することを勧めています。

最新のドライバーに更新しても「互換性のないドライバー」が表示される場合は削除しましょう。



ドライバー削除の手順

Windows セキュリティに表示されている「互換性のないドライバー」は閉じずに表示したままにします。

1.Windows PowerShell の開き方を参考に、Windows PowerShell を管理者として開きます。

2.次のコードを入力して Enter を押します。

pnputil /enum-drivers

このコマンドは、ドライバーストア内のすべてのサードパーティ製ドライバーパッケージを列挙します。

3.Windows セキュリティに表示されている公開名「oem〇.inf」を探し、ここに表示されている内容と一致しているかを確認してください。

4.一致していれば、次のコードを入力して Enter を押してドライバーを削除します。

例えば「oem0.inf」の場合次のようになります。

pnputil /delete-driver oem0.inf

※ドライバーの削除が心配な方はシステムの復元などでバックアップを取ってから行ってください。

コマンドを実行するとドライバーが削除されますので、複数ある場合は繰り返し行い、すべて削除したら「メモリ整合性」をオンにしてみましょう。

「sys」ファイルのみ表示されていて「inf」ファイルが表示されていない場合の対処法

「互換性のないドライバー」に「sys」ファイルのみ表示されていて「inf」ファイルが表示されていない場合、直接ドライバーの保存場所から「sys」ファイルのプロパティを確認しましょう。

または、レジストリエディタで検索します。

1.システムフォルダー内を検索

1.Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

%SystemRoot%\System32\drivers

2.「drivers」フォルダーが開きますので、該当の「sys」ファイルを見つけ、ファイルの上で右クリック>「プロパティ」をクリックします。

3.次の画像は 1つの例ですが、詳細タブを開き、「説明」の部分をすべて確認します。

ここでは著作権の部分に「AMD」と表示されているので、AMD 関連のドライバーだということがわかります。

※「デジタル署名」のタブなどでも確認できる場合があります。

4.Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

ms-settings:appsfeatures

インストールされているすべてのアプリが表示されますので、上記の例であれば AMD に関連するアプリを探してアンインストールします。

AMD といえば、チップセットドライバーやグラフィックドライバーなどがありますね。

アンインストールが終わったら、ほとんどの場合再起動が必要になりますので、再起動後に「メモリ整合性」をオンにしてみましょう。

2.レジストリで「sys」ファイルを検索

「sys」ファイルが見つからない場合、またはわからない場合は、レジストリにサービスとして登録されている場合があります。

レジストリの操作を間違えるとシステムが起動できなくなるなど不具合が起きる可能性があります。事前にシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

レジストリで「sys」ファイルに関するサービスが見つかれば、そのサービスを無効化することで PC の起動時に「sys」ファイルが読み込まれなくなり、メモリ整合性を ON にすることができるようになります。

しかし、一部のサービスは「サービス」に表示されないものがあり、無効にするには手動でレジストリ値を編集する必要があります。

1.Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「regedit」と入力して Enter を押します。

2.レジストリエディタが開きますので、次のキーを開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services

3.「Services」キーの上で右クリック>「検索」をクリックします。

4.検索の画面が開きますので、「データ」のみにチェックを入れ、「検索する値」に検索したい「sys」ファイルを入力し、「次を検索」をクリックします。

例:「nvlddmkm.sys」

レジストリエディタ – 検索

5.「sys」ファイルが見つかるとキーが選択されますので、右側の欄の値「ImagePath」をダブルクリックして値のデータを確認してください。

レジストリエディタ
文字列の編集

6.「sys」ファイルが確認出来たら何もせずに「文字列の編集」を閉じ、「ImagePath」の下にある値「Start」をダブルクリックして開きます。

レジストリエディタ

7.値のデータを「4」(無効)に変更し、OK をクリックします。

※何のサービスかわからない場合、コメントまたはお問い合わせから「sys」ファイルの名前をお伝え頂ければ、わかる範囲でお答えします。

DWORD(32 ビット)値の編集

8.これでレジストリエディタでの編集は完了しました。

PC を再起動すると「sys」ファイルが読み込まれなくなりますので、メモリ整合性を ON にしてみてください。



メモリ整合性をオンにできない場合の対処法の補助ツール

上記のメモリ整合性をオンにできない場合の対処法の補助ツールです。

レジストリから「sys」ファイルに関するレジストリ値(サービス)を検索したり、「C:\Windows\System32\drivers」フォルダーから「sys」ファイルを検索してファイルの場所を開くことができます。

※自作ソフトについて

RegSysOpen.zip(Ver 1.0.0.1)

2024/02/25:

Ver 1.0.0.1 で「C:\Windows\System32\drivers」フォルダーから「sys」ファイルを検索できるように変更しました。

ハッシュ値:対象「RegSysOpen.exe(Ver 1.0.0.0)」

SHA256 ハッシュ値:
dd61dd5c02a7ec0044adfa776907c3e1e6635ffbfc20281adf7cc8a5066f03eb

ハッシュ値:対象「RegSysOpen.exe(Ver 1.0.0.1)」

SHA256 ハッシュ値:
a5b59c3f827d67a2a9041713044e685aafca7566380f32cc725c9d4563a2e697

ダウンロードした「RegSysOpen.zip」を解凍し、中にある「RegSysOpen.exe」を実行します。

1.ツールが開いたら、「sys」ファイルの名前を入力して「検索」ボタンをクリックします。

「sys」ファイルに関するレジストリ値(サービス)を検索するツール

2.すると、見つかったキーの場所と値のデータが入力されます。

「sys」ファイルに関するレジストリ値(サービス)を検索するツール

※見つからない場合は、キーの場所と値のデータを空にして「見つかりませんでした。」と表示します。

「sys」ファイルに関するレジストリ値(サービス)を検索するツール

3.「レジストリエディタで開く」ボタンをクリックすると、レジストリエディタで見つかったキーの場所を開き、右側の欄の値「ImagePath」を選択します。

レジストリエディタ

2024/02/25 Ver 1.0.0.1 の更新内容:

「C:\Windows\System32\drivers」フォルダーから「sys」ファイルを検索できるように変更しました。

※「C:\Windows\System32\drivers」フォルダーから「sys」ファイルを検索した場合、ファイルが見つからない場合は何も表示されません。

下記のどちらかを選択し、「sys」ファイル名を入力して検索してください。

  • 「C:\Windows\System32\drivers」フォルダーから「sys」ファイルを検索
    ファイルの説明および製品名の表示をし、ファイルの場所を開くことができます。
  • レジストリから「sys」ファイルを検索
「C:\Windows\System32\drivers」フォルダーから「sys」ファイルを検索
レジストリから「sys」ファイルを検索

警告を無視する

おすすめはしませんが、メモリ整合性をオンにせずに警告のマークを消したい場合はデバイスセキュリティで「無視」をクリックすると消すことができます。

タスクトレイに表示されている Windows セキュリティのアイコンをクリックし、デバイスセキュリティの下の「無視」をクリックします。

デバイスセキュリティ

すると、警告マークが消えます。

デバイスセキュリティ

「Windows セキュリティ – 処置をお勧めします。」「無視」したらどうなる?元に戻す方法

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました