スポンサーリンク
Windows 10Windows 11アプリケーションに関する問題システムに関する問題セキュリティデバイスに関する問題パフォーマンスアッププリンターに関する問題問題解決全般

Win10/Win11 メモリ整合性とは?オンにしたほうがいい?オフにする方法

スポンサーリンク

Windows 10 と Windows 11 には、「メモリ整合性」という機能がありますが、これはコア分離のサブ機能の一つです。

コア分離は、Windows OS の重要なシステムプロセスをメモリ内で分離し、マルウェアやランサムウェアなどの悪意のあるソフトウェアから保護する Windows セキュリティ機能です。

コア分離は、ハードウェア仮想化技術を使用して実現されており、「メモリ整合性」を「オン」にすると、悪意のあるコードが重要なシステムプロセスに不正アクセスしたり改ざんしたりするのを防ぐことができます。

メモリ整合性の設定
スポンサーリンク


「メモリ整合性」を「オン」にするメリット

Windows 10 と Windows 11 では、「メモリ整合性」が既定で有効になっています。

「メモリ整合性」を有効にすることで、悪意のあるプログラムがデバイスドライバーやカーネルモードドライバーを使用してコンピューターを乗っ取りにくくなります。

ドライバーとは、コンピューターとデバイスとの通信を可能にする特別なプログラム(ソフトウェア)です。

「メモリ整合性」を簡単に例えると、鍵のかかった倉庫に警備員がいるように、攻撃者がこの倉庫内のものを改ざんしようとしても、非常に優秀な警備員が改ざんを防いでくれます。

「メモリ整合性」が「オフ」の場合、鍵をこじ開ければ好き放題改ざんできてしまいます。

警備員はプログラムをチェックし、危険性の疑いがあるコードを実行するプログラムだと判断すれば防ぎ、安全であると判断した場合は実行を認めます。(通常、このやり取りは非常に短時間で行われます)

企業などの PC や少しでもセキュリティを強化したい方は「オン」にしておくことをおすすめします。

「メモリ整合性」を「オン」にするデメリット

  • 多くのアプリケーションとの競合が起こる可能性がある
  • メモリーの使用量が高くなる
  • システム全体のパフォーマンスが落ちる
  • 一部の互換性のないドライバーがインストールできなくなる

「メモリ整合性」を「オン」にすればセキュリティが強化されますが、一方でスペックの低い PC ではパフォーマンスが落ちる可能性があります。

特にゲームをする環境ではパフォーマンスが著しく落ちる可能性があります。

また、一部の互換性のないドライバーがインストールできなくなりますので、「オン」にするためには互換性のないドライバーを削除する必要があります。

「メモリ整合性」を「オン」にするためにドライバーを削除すれば、そのドライバーを必要としていたデバイスやアプリが動かなくなります。(互換性の問題が修正された新しいバージョンのドライバーがあれば問題はない)

スポンサーリンク


「メモリ整合性」を「オン」にできない

「メモリ整合性」を「オン」にするには、BIOS(UEFI)の設定画面でハードウェア仮想化を有効にしておく必要があります。

また、互換性のあるドライバーがインストールされている必要があります。

Windows が現在 PC にインストールされているドライバーを互換性がないと判断した場合、「メモリ整合性」を「オン」にすることができなくなります。

詳細は次のページをご覧ください。

Win10/Win11 メモリ整合性をオンにできない場合の対処法

「メモリ整合性」は「オフ」でも大丈夫?

「メモリ整合性」が「オフ」の場合、危険なコードが含まれるドライバーを気付かずにインストールしてしまう危険性があり、悪意のある者がコンピューターを乗っ取りやすくなります。

簡単に言うと、信頼できない場所からダウンロードした署名されていないドライバーや互換性のないドライバーをインストールした場合、ドライバーを含む一部のソフトウェアをインストールした場合、PC が危険にさらされる可能性があるということです。

安全な場所からダウンロードしたソフトウェアやドライバーを使用している場合やゲーム用の PC など、通常の使い方であれば「メモリ整合性」は「オフ」でも問題ないでしょう。

スポンサーリンク


「メモリ整合性」を「オフ」にする方法

※Windows 11 の画面で説明しますが、Windows 10 も操作方法は変わりません。

1.タスクトレイの Windows セキュリティのアイコンをクリックします。

2.左側または右側の「デバイスセキュリティ」をクリックします。

Windows セキュリティ

3.「コア分離」の下にある「コア分離の詳細」をクリックします。

デバイスセキュリティ

4.「コア分離」の下にある「メモリ整合性」を「オフ」にします。

コア分離

5.「ユーザーアカウント制御」が表示されたら「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

6.すると、「この変更を適用するにはデバイスを再起動してください。」と表示されますので、PC を再起動してください。

コア分離

7.PC が起動すると「メモリ整合性」は「オフ」になります。

スポンサーリンク


「メモリ整合性」を「オフ」にしたくても、灰色で(グレーアウトされていて)選択できない

一部の環境では、「メモリ整合性」を「オフ」にしたくても、灰色で(グレーアウトされていて)選択できない場合があります。

その場合は、レジストリを編集することで「オフ」にすることが出来ます。

レジストリの操作を間違えるとシステムが起動できなくなるなど不具合が起きる可能性があります。事前にシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

1.Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「regedit」と入力して Enter を押します。

2.レジストリエディタが開きますので、次のキーを開きます。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\DeviceGuard\Scenarios\HypervisorEnforcedCodeIntegrity
レジストリエディタ
HypervisorEnforcedCodeIntegrity

3.「HypervisorEnforcedCodeIntegrity」キーを選択した状態で、右側の「Enabled」と「(既定)」という値以外を右クリックし、「削除」をクリックします。

4.次に 「Enabled」をダブルクリックして開き、値のデータを「0」に変更して OK をクリックします。

※環境により「HypervisorEnforcedCodeIntegrity」キーが存在しない場合があります。

レジストリエディタ
HypervisorEnforcedCodeIntegrity

5.レジストリエディタを終了して PC を再起動すると「メモリ整合性」が「オフ」になります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

当サイトでは、Windows 10/11 関連の情報、問題解決法やカスタマイズ方法などを紹介しています。皆様にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント(降順)

OSの不具合に関する質問の場合は、明確かつ迅速に解決するために、以下の情報を分かる範囲で質問に含めてください。

1. 使用しているOSのバージョン

  • 例:Windows 10 Home 22H2、Windows 11 Pro 21H2 など

2. 発生している具体的な症状

  • 具体的な症状をできるだけ詳しく説明してください。
  • エラーメッセージが表示される場合は、その内容を正確に記載してください。
  • いつ、どのような操作中に問題が発生したのかを明記してください。

3. 症状が出たのはいつからですか?

  • 症状が出始めた時期をできるだけ具体的に教えてください。

4. 症状が出る前に何か特別な操作をしましたか?

  • 以下のような操作を行った場合は、教えてください。
    • アプリのインストール
    • システムの設定を変更するツールを使用した
    • ファイルの削除
    • レジストリの編集
    • その他

5. 症状が出た後に試したことはありますか?

  • 問題解決のために試したことを分かる範囲でリストアップしてください。
  • インターネットで調べた解決策を試したかどうか、その結果も記載してください。

6. Windows Updateは定期的に行っていますか?

  • 最近インストールした更新プログラムを教えてください。
  • 例:KB5034441

7. セキュリティソフトをご利用されていますか?

  • セキュリティソフトの種類(名称)を教えてください。

8. PCの型番

  • PCの型番がわかれば教えてください。
  • わからない場合は、「デスクトップ」または「ノート」と記入してください。
タイトルとURLをコピーしました