Windows 11Windows Update に関する問題カスタマイズ問題解決全般自作ソフト

Windows 10、11 の自動更新を 777週間一時停止する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 10,11 の自動更新を最大 777週間(5439日間)まで一時停止できるようにするツールを紹介します。

通常 Windows Update の画面では、デフォルトで 5週間(35日間)一時停止できるようになっており、それ以上は選択できません。

以前紹介した Windows Update を完全に無効化するツール では、設定をしても数日後には自動更新が再開されてしまう場合があり、完全に無効化することができなくなっています。

そのため、Windows 10,11 の自動更新を最大 777週間(5439日間)まで一時停止できるようにするツールを作成してみました。

設定が反映されると、自動更新の一時停止が 777週間まで選択できるようになります。

Windows 11:

Windows 11 – 自動更新の一時停止が 777週間まで選択できる
Windows 11 – 自動更新を 777週間一時停止した後

Windows 10:

※Windows 10 は、Windows Update の画面の「詳細オプション」から指定します。

Windows 10 – 自動更新の一時停止が 777週間まで選択できる
Windows 10 – 自動更新を 777週間一時停止した後

Windows Update を一時停止すると、Windows 10,11 は最新の状態に更新されなくなり、バグや脆弱性が修正されなくなります。

また、ウイルス感染やサイバー攻撃などを受ける可能性がありますので、Windows Update を使用しなくても良い環境、または一時的に無効化したい場合にのみ使用することをおすすめします。

スポンサーリンク

Windows 10、11 の自動更新を 777週間一時停止するツールの使用方法

※自作ソフトについて

Windows-Update-777週間一時停止.zip

2024/02/22:

Windows 10 にも対応しました。(Ver 1.0.0.1)

ハッシュ値:対象「Windows Update 777週間一時停止.exe」(Ver 1.0.0.0)

SHA256 ハッシュ値:
ff216e8bd6c0897044e71364ac81455bffb3a10e8ae3517a85b04a541a303d76

ハッシュ値:対象「Windows Update 777週間一時停止.exe」(Ver 1.0.0.1)

SHA256 ハッシュ値:
47cccac3bf60c2270376c415407d1b8b2a62e39aabc3ee344a8e4dc5607e721d

1.ダウンロードした「Windows-Update-777週間一時停止.zip」を解凍し、中にある「Windows Update 777週間一時停止.exe」を実行します。

2.「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら「はい」をクリックします。

Windows Update 777週間一時停止

3.デフォルトで「Windows Update の一時停止期間を 777週間に変更」が選択されていますので、そのまま「実行」ボタンをクリックします。

4.確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

※「いいえ」でキャンセルできます。

Windows Update 777週間一時停止 – 確認画面

5.設定が反映されるまでしばらくお待ちください。

Windows Update 777週間一時停止 – 設定の反映中

6.設定が反映されると、「777週間一時停止できるように変更しました。「Windows Update を開く(画面の更新)」ボタンをクリックして確認してください。」と表示されますので、「はい」または「いいえ」どちらでも構いませんのでクリックして閉じてください。

7.「Windows Update を開く(画面の更新)」ボタンをクリックし、一時停止の期間が変更されたかを確認し、任意の期間を選択して更新を一時停止してください。

※Windows Update の画面が既に開かれている場合、一度閉じて再度開くようになっています。

元に戻したい場合は、「Windows Update の一時停止期間をデフォルトに戻す」を選択してから「実行」ボタンをクリックし、上記と同じ手順で進めてください。

解決!Win11 Update の「更新の再開」が表示されない

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました