Windows 11Windows NewsWindows Update に関する問題Windows 不具合情報エクスプローラーに関する問題問題解決全般

Win11 KB5034765 はストレスが溜まる?修正された問題と新たな問題

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Microsoft は、2024/02/13 に Windows 11 バージョン 22H2 および 23H2 の累積更新プログラム KB5034765 をリリースしました。

KB5034765 には、新機能、セキュリティ問題の修正、既知の不具合の修正が含まれています。

Windows Update

ハイライト
新しい! Windows の Copilot アイコンがタスクバーのシステム トレイの右側に表示されます。タスクバーの右端にある「デスクトップの表示」の表示は再度オンにするには、 [設定] > [個人用設定] > [タスクバー]に移動します。タスクバーを右クリックして、 [タスクバーの設定]を選択することもできます。

注: Windows 11 デバイスは、この新機能を異なるタイミングで取得します。これらの新機能の一部は、制御された機能ロールアウト (CFR) を使用して消費者に段階的に展開されます。

この更新プログラムは、Windows オペレーティング システムのセキュリティ問題を解決します。

改善点

  • この更新では、ナレーターのアナウンスに影響する問題に対処します。ナチュラルボイスを使用すると遅くなります。
  • この更新では、 explorer.exeに影響する問題に対処します。反応しなくなる可能性があります。この問題は、コントローラ アクセサリが接続されている PC を再起動またはシャットダウンすると発生します。
  • このアップデートでは、デバイスのメタデータのダウンロードに影響する問題が解決されます。 HTTPS 経由の Windows メタデータおよびインターネット サービス (WMIS) からのダウンロードがより安全になりました。
Microsoft

今回の更新プログラム KB5034765 には、前回プレビューリリースされた KB5034204 の更新が含まれており、KB5034204 で問題となっていたシャットダウンや再起動時に出る「explorer.exe – アプリケーションエラー」が解決されています。

現在 KB5034765 の不具合情報は出ていませんが、実際にインストールしていくつか気になることがありました。

  1. サインイン時の「ようこそ」画面からデスクトップが表示されるまでの時間が明らかに遅くなっている
  2. デスクトップが表示されてからタスクバーが表示されるまでに少し時間がかかる
  3. タスクバー右下のデスクトップの表示が無効になり、Copilot が表示される

1 と 2 は、何度も再起動をして確認しましたので、明らかに KB5034765 が原因でしょう。

3 は、新しい機能として、Copilot のアイコンがスタートボタンの横からタスクバーの右端に配置されるようになっており、その代わりにデスクトップの表示が「オフ」に設定されています。

※この機能は現在一部の環境のみに展開されており、制御された機能ロールアウト (CFR) を使用して消費者に段階的に展開されます。

デスクトップの表示を「オン」にするには、タスクバーの何もない所で右クリック>「タスクバーの設定」をクリックします。

タスクバーの設定が開いたら、下にある「タスクバーの動作」をクリックします。

個人用設定 – タスクバー

各設定が表示されますので、「デスクトップを表示するには、タスクバーの隅を選択します」にチェックを入れるとデスクトップの表示が「オン」になります。

個人用設定 – タスクバー – タスクバーの動作

今のところ上記以外に気になることはありませんが、使い慣れた機能をオフにしてしまうこと、デスクトップが表示されるまでの時間が遅いこと、タスクバーが表示されるまでの時間が長いことは、多くのユーザーが非常にストレスを感じるでしょう。

また、KB5034204 と同様に、タブ機能が無効である場合にエクスプローラーが開かなくなりますので注意してください。

スポンサーリンク

追記1:

デスクトップが表示されるまでの時間が遅い、タスクバーが表示されるまでの時間が長い問題はすべての環境ではなく一部の環境でのみ起きる問題です。

今現在確認できていることは、KB5034765 をインストール後に Copilot がスタートメニューの横に表示されたままの環境ではデスクトップの表示もオフにならず、デスクトップやタスクバーの表示も遅くなりませんでした。

この新機能(Copilot のアイコンが右端に配置される)は現在一部の環境のみに展開されており、制御された機能ロールアウト (CFR) を使用して消費者に段階的に展開されます。

デスクトップやタスクバーの表示が遅くなる原因が新機能である可能性が高いですね。

また何か情報があれば追記したいと思います。

追記2:

デスクトップやタスクバーの表示が遅くなる問題の解決法を発見しました。

Win11 解決! KB5034765 デスクトップやタスクバーの表示が遅い

現在上記の問題以外不具合は確認されていませんので、更新プログラム KB5034765 はインストールしても問題ないかと思います。

追記3:

現在多くの環境でタスクバーが表示されなくなる不具合が出ているようです。

症状のある方は、上記のページ「Win11 解決! KB5034765 デスクトップやタスクバーの表示が遅い」の方法をお試しください。

追記4:

上記のページにも追記しましたが、Microsoft はこの問題に気付いたようで、サーバー側でひっそりと KB5034765 を新しいバージョンに変更したようです。

この情報は確実ではありません。KB5034765 を再インストールしても解決できない場合が多いようです。

Win10/Win11 更新プログラムをアンインストールする2つの方法

追記5:

置き換えられたバージョンの KB5034765 をインストール後にアンインストールができなくなってしまいました。

Win11 KB5034765 の更新後アンインストールができなくなる?

追記6:

ユーザー様から KB5034765 で解決されたはずのシャットダウンや再起動時に出る「explorer.exe – アプリケーションエラー」が再発していると報告がありました。

海外でも同じようにエラーが再発していると報告しているユーザーがいますので、完全には解決されていない可能性があります。

追記7:

「explorer.exe – アプリケーションエラー」は以前から別の OS でも発生していたようです。

Win11 KB5034765 「explorer.exe」エラーの原因と対処法

2024/02/27:

Win11 KB5034765 がインストールできない原因と対処法

コメント(降順)

  1. Chino より:

    KB5034204はプレビューリリースの為インストールしておらず
    シャットダウンや再起動時にexplorer.exeのエラーが出るとの情報も把握していませんでした。

    上記不具合を修正しリリースされたKB5034765を2月14日(水)にインストールしました。

    2月16日(金)純正品のXboxワイヤレスコントローラー+USB-Cを有線接続後
    シャットダウンと再起動時にexplorer.exeのエラーが出るようになりました。
    接続したまま、接続解除、どちらもエラーが出ます。

    コントローラーを繋げずに起動→シャットダウンor再起動をした場合エラーは出ません。
    システムの復元、KB5034765のアンインストールと再インストール、更新の一時停止
    など色々試した結果、再現性が確認出来ましたので、KB5034765に因る不具合と思われます。

    Copilotは追加直後にレジストリで削除しており、上記以外の不具合はありません。
    ——————————————————————————–
    ■2月14日(水)にインストールしたもの
    KB5034765:累積更新プログラム
    KB5034467:.NET Framework 3.5 および 4.8.1 の累積的な更新プログラム
    KB 890830:悪意のあるソフトウェアの削除ツール v5.121

    ■OSビルド
    22631.3007(KB5034765インストール前)
    22631.3155(KB5034765インストール後)

    ■自作PC(一年使用):i5-13500/RTX3070/1TB SSD/32GB/Windows 11 Home

    ■KB5034765インストール前の環境
    Xbox関連アプリは下記以外全てPowerShell等でアンインストール済
    XboxGameCallableUI(Windowsの一部である為アンインストール不可)

    ■KB5034765インストール後の環境
    Microsoft StoreからXboxアクセサリーを入れてコントローラーのファームウェアを更新
    Windowsサービス:Xbox Accessory Management Serviceは無効(停止)のままで良い

    Xbox Identity ProviderとXboxアプリ、Xboxアカウントへのサインインを求められるが
    上記入れずにキャンセル→「…オプションをもっと見る」で更新可能
    結果変わらずエラーが出た

    ■システムファイルに問題なし
    sfc /scannow
    Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
    ——————————————————————————–
    情報がなかなか見つからず、長々とすみません。
    とりあえずエラーが出るだけなら影響は少ない?
    と考えて更新の一時停止はせずKB5034765を適用したまま様子見しています。

    • wenbang より:

      Chino様、コメントありがとうございます。
      「追記6」でも追記したように Chino様と同様に「explorer.exe – アプリケーションエラー」が出ている環境が少なくないようですね。

      今現在解決法はありませんが、原因は更新プログラム KB5034204 および KB5034765 とコントローラーのドライバーとの互換性の問題だと思われます。

      2024/02/19 追記:
      「explorer.exe – アプリケーションエラー」は以前の OS でも出ていたようです。

      Win11 KB5034765 「explorer.exe」エラーの原因と対処法
      https://windows-waza.com/win11-kb5034765-causes-and-solutions-for-explorer-exe-error/

  2. siden より:

    今回の定例アップデート後、何故か、ローカルアカウントになっていました。一度ログオフして、ログインし直してからは今のところは再発はしてないようです。
    あと、此方の環境では今のところ、copilotは右側には行っていません。

    • wenbang より:

      siden様、コメントありがとうございます。
      ローカルアカウントになった原因はわかりませんが、再発していないのであれば特に問題はないようですね。

タイトルとURLをコピーしました