Windows 10Windows 11Windows NewsWindows Update に関する問題セキュリティ問題解決全般自作ソフト

Win10 KB5034441 がインストールできない問題は既に解決されている?

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回紹介する情報は確実ではありませんが、現在問題となっている 0x80070643 エラーが表示されて KB5034441 がインストールできない問題は既に解決されているかもしれません。

Win10 解決! 0x80070643 エラー KB5034441 がインストールできない

Microsoft が 2024/01/13 に「今後修正プログラムをリリースする」と発表してからもうすぐ 2カ月が経とうとしていますが、本日クリーンインストールした Windows 10 で KB5034441 のインストールが成功しました。

今までは、KB5034441 をインストールする際に Cドライブ直下に「$WinREAgent」という隠しフォルダー(隠しファイル)が作成され、その中には次のようにフォルダーやファイルが作成されていました。

隠しファイルの表示、非表示方法

※一部のファイルはフォルダーオプションの「表示」タブで「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外さなければ見えません。

今までの KB5034441 更新時の「$WinREAgent」フォルダーの内容

KB5034441 のインストール中には「$WinREAgent」フォルダーには 2つのフォルダー

  • 「Rollback」
  • 「Scratch」

と 2つのファイル

  • 「Rollback.xml」
  • 「Rollbackinfo.ini」

が作成され、サイズは 2GBを超えます。

「$WinREAgent」フォルダー

「Scratch」フォルダーの中には「Mount」フォルダーと「update.wim」というイメージファイルが作成されます。

「Scratch」フォルダー

「Mount」フォルダーの中にはイメージファイル「update.wim」の中身が展開されています。

「Mount」フォルダー

KB5034441 のインストール後、「$WinREAgent」フォルダーには 3つのフォルダー

  • 「Backup」
  • 「Rollback」
  • 「Scratch」

と 3つのファイル

  • 「Rollback.xml」
  • 「Rollbackinfo.ini」
  • 「WinREServicingManager.xml」

が作成され、筆者の環境ではサイズが 981MB になりました。

「$WinREAgent」フォルダー
$WinREAgentのプロパティ

「Backup」フォルダーには 4つのファイル

  • 「boot.sdi」
  • 「location.txt」
  • 「ReAgent.xml」
  • 「Winre.wim」

が保存されています。

「Backup」フォルダー

※「$WinREAgent」フォルダーは通常、更新またはアップグレードプロセスが正常に完了した場合、10日以内に自動で削除されます。

先日の Windows 11 の更新プログラム KB5034765 がインストールできない原因が「$WinREAgent」フォルダーでしたね。

Win11 KB5034765 がインストールできない原因と対処法

今回の問題も「$WinREAgent」フォルダーが関連していたのではないか?と考えています。

スポンサーリンク

現在の KB5034441 更新時の「$WinREAgent」フォルダーの内容

先ほど実際にクリーンインストールした Windows 10 で KB5034441 のインストールをしてみると、一度目は失敗しましたが、再起動後にもう一度更新するとインストールが成功しました。

回復パーティションのサイズは 589MB で成功しており、次のページにも書きましたが、525MB でも成功しています。

Win10/Win11 0x80070643 今後修正プログラムをリリース予定

Windows 10 22H2 の Windows RE イメージ(Winre.wim)のサイズは約 500MB ですので、回復パーティションのサイズは 500MB(+10MB 程度)を超えていれば問題ないはずです。

そのため、今回の問題の根本的な原因は「回復パーティションのサイズ不足」ではないことは明らかです。更新プログラムとユーザー環境が関係していると思われます。

※回復パーティションがない場合は KB5034441 のインストールは不要です。

Win10/Win11 回復パーティションを削除したら初期化(PC のリセット)はできるのか?

そして気付いたことは、先日まではインストールに成功しても更新の確認をすると何度も KB5034441 のインストールが繰り返され、上記のようにフォルダーやファイルが作成されていましたが、本日 KB5034441 の更新が成功した直後には「$WinREAgent」フォルダーの内容が変わっていました。

「$WinREAgent」フォルダー

「$WinREAgent」フォルダーには 1つのフォルダー

  • 「Rollback」

と 3つのファイル

  • 「Rollback.xml」
  • 「Rollbackinfo.ini」
  • 「WinREServicingManager.xml」

のみが残っており、「Rollback」フォルダーの中身はありませんでした。

そして、更新の確認をしても KB5034441 は出なくなっています。

筆者の環境では、更新後に再起動をしても「$WinREAgent」フォルダーは残ったままで、2024/02/13 の KB5034763 または 2024/02/29 にプレビューリリースされた Windows 10 22H2 の更新プログラム KB5034843 をインストールすると「$WinREAgent」フォルダーの中身が削除され、空の「Scratch」のみが残りました。

「$WinREAgent」フォルダー

KB5034441 の更新が失敗する場合、更新が繰り返される場合の対処法

1.「$WinREAgent」フォルダーの中身を確認する

KB5034441 の更新が失敗する場合、更新が繰り返される場合は、Cドライブ直下にある「$WinREAgent」フォルダーの中身を確認してみてください。(隠しファイルを表示しなければ見えません)

隠しファイルの表示、非表示方法

もしもたくさんのファイルが残っているのであれば、「$WinREAgent」フォルダーの中身を空の「Scratch」のみにしておくと良いかもしれません。

もしくは「$WinREAgent」フォルダー自体を削除します。

注意することは、「$WinREAgent」フォルダーの中身を削除する前に必ず他の更新が完了していること(更新後の再起動が完了していること)を確認してください。

「$WinREAgent」フォルダーは、更新が完了していれば削除しても問題ありません。

※KB5034441 の更新ができない場合は、「BitLocker」を無効にして再起動してから更新してみてください。

「BitLocker」は有効にするたびに回復キーを新規で作成します。以前の回復キーは使用できませんので注意してください。必ずバックアップを取りましょう。

※「$WinREAgent」フォルダーの削除は効果がない場合があります。

2.Microsoft が提供するサンプル PowerShell スクリプトを実行する

KB5034441 には KB5034232 が含まれており、KB5034441 をインストールすると KB5034232 が自動的にインストールされます。

今回の「BitLocker デバイス暗号化機能をバイパスできる脆弱性を悪用し、暗号化されたデータにアクセスできる可能性がある問題を修正」するのに必要な修正プログラムは KB5034232 です。

そして、Microsoft は KB5034232 を手動でインストールする方法を既に公開しています。

その方法とは、Microsoft Update Catalog から KB5034232 をダウンロードし、Microsoft が提供している PowerShell スクリプトを実行することです。

上記のように、既に解決されている可能性がありますので、どうしても更新ができない場合はお試しください。

スポンサーリンク

繰り返しますが、回復パーティションがない場合は KB5034441 のインストールは不要ですので、下記の操作も不要です。

また、下記のスクリプトを実行するために最低限必要なことは、回復パーティションが有効であり、最低限必要なサイズ(Windows 10 22H2 の Windows RE イメージのサイズは約 500MB ですので、回復パーティションのサイズは 500MB +10MB 程度)があることです。

回復パーティションがなく、新たに作成したい場合や回復パーティションが有効であるかを確認したい場合は次のページを参考にしてみてください。

回復パーティションのサイズを増やして 0x80070643 エラーを解決する

次のページの「PatchWinREScript_2004plus.ps1 (推奨)」に書かれているスクリプトをコピーし、テキストファイルに貼り付けます。

※Windows 10 バージョン 2004 以降のバージョン (Windows 11を含む) 用

KB5034957: CVE-2024-20666 のセキュリティの脆弱性に対処するために、展開されたデバイスの WinRE パーティションを更新する

テキストファイルを保存し、名前を「PatchWinREScript_2004plus」に、拡張子を「.ps1」に変更します。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール」を作成してみましたので、必要な方はお使いください。

このツールは、Microsoft が提供するサンプル PowerShell スクリプトをボタン 1つで実行するためのツールです。面倒な ps1 ファイルの作成や、PowerShell の操作を省きます。

次のページ(Microsoft Update Catalog)からお使いの環境に合った KB5034232(拡張子 .cab) をダウンロードし、「PatchWinREScript_2004plus.ps1」と同じフォルダーに保存します。

※KB5034232 は Windows 10 用の更新プログラムです。

https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB5034232

1.スタートボタンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。

2.ユーザーアカウント制御が開きますので「はい」をクリックします。

3.ターミナルが開いたら、「cd スクリプトファイルのパス」入力して Enter を押します。

スクリプトファイルが保存されているフォルダーを開き、アドレスバーに表示されているパスをコピーします。

ダウンロードフォルダー

PowerShell に「cd 」(cd の後に半角スペースあり)と入力してから右クリックをするとパスが貼り付けられます。

4.スクリプトを実行するためには実行ポリシーを変更する必要がありますので、次のコマンドを入力して Enetr を押します。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

5.実行するかを聞かれたら、大文字の「A」を入力して Enetr を押します。

6.「PatchWinREScript_2004plus.ps1」と入力して Enter を押します。

7.ダウンロードした KB5034232(拡張子 .cab)のフルネームを入力して Enter を押します。

8.しばらくして処理が完了したら PowerShell を閉じ、もう一度 Windows Update を実行してみましょう。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

上記の 1~8 までの手順を簡単に行えるツールを作成してみましたので、必要な場合はお使いください。

上記の手順を読んでからご使用ください。

※自作ソフトについて

ハッシュ値:対象「PatchWinREScript_2004plus の補助ツール.exe」

SHA256 ハッシュ値:
7598ff247c1842b9af70cf24ea273e4e1192748626285beff3d90f192f0456e7

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール.zip

PatchWinREScript_2004plus の補助ツールから「KB5034232(拡張子 .cab) のダウンロードページを開く

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール.zip をダウンロードし、解凍してください。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール.zip を解凍すると 2つのファイルがあります。

  • PatchWinREScript_2004plus.ps1
  • PatchWinREScript_2004plus の補助ツール.exe

「PatchWinREScript_2004plus の補助ツール.exe」を実行し、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら「はい」をクリックします。

メニューの「Microsoft Update Catalog」をクリックし、「KB5034232(拡張子 .cab) のダウンロードページへ」をクリックします。

※KB5034232 は Windows 10 用の更新プログラムです。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

すると、お使いの WEBブラウザーで KB5034232(拡張子 .cab) のダウンロードページを開きますので、ツールの右上に表示されている Windows のバージョンを参考に、お使いのバージョンに合った KB5034232(拡張子 .cab)をダウンロードしてください。

KB5034232(拡張子 .cab)をダウンロード

例えば Windows のバージョンが上の画像のように「Windows 10 22H2 x64」であれば、「2024-01 x64 ベース システム用 Windows 10 バージョン 22H2 の動的更新 (KB5034232)」の右側にある「ダウンロード」ボタンをクリックします。

Microsoft Update Catalog

KB5034232(拡張子 .cab)のダウンロードページが開きますので、リンク(青文字)をクリックするとダウンロードが開始します。

KB5034232(拡張子 .cab)のダウンロードページ

KB5034232(拡張子 .cab)がダウンロード出来たら、ダウンロードページを閉じ、ファイルをツールと同じフォルダーに移動してください。

次のように、ファイルが 3つあるようにしてください。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツールが保存されているフォルダー
PatchWinREScript_2004plus の補助ツールの使い方

1.「① Windows PowerShell を開く」ボタンをクリックします。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

2.Windows PowerShell が開き、ボタンが「② スクリプトを実行するために実行ポリシーを変更する」に変わります。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

3.「② スクリプトを実行するために実行ポリシーを変更する」ボタンをクリックします。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

実行ポリシーを変更するコマンドが実行され、Windows PowerShell に「・・・実行ポリシーを変更しますか?」と表示されていれば「はい」をクリックします。

4.「はい」をクリックすると大文字の「A」を入力し、実行します。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

5.「③ スクリプト(PatchWinREScript_2004plus.ps1)を実行する」ボタンをクリックすると、スクリプトファイル「PatchWinREScript_2004plus.ps1」を実行します。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

6.「④ KB5034232(拡張子 .cab)のフルネームを自動で入力してインストール」ボタンをクリックすると、KB5034232(拡張子 .cab)のフルネームを入力し、インストールが開始しますのでしばらくお待ちください。

次のように「Delete mount direcotry」と表示されたらインストール完了です。

PatchWinREScript_2004plus の補助ツール

7.ツールを閉じると Windows PowerShell も自動的に閉じますので、Windows Update の画面を開き、「更新の確認」または「再試行」をしてみましょう。

※解決できない場合は Windows RE イメージ(Winre.wim)の上書きをお試しください。

3.現在の Windows RE イメージ(Winre.wim)を上書きする(ほぼ解決できる)

※こちらの方法は Microsoft のスクリプトで解決できなかったユーザー様が実際に実行して解決しています。

次のページを参考に Windows 10 の ISO ファイルから Windows RE イメージ(Winre.wim)を取り出し、現在の Windows RE イメージ(Winre.wim)に上書きをすることでほぼ解決できる思います。

Win10 解決!「REAGENTC.EXE: Windows RE イメージは見つかりませんでした。」

手順は次の通りです。

1.WinRE を無効にする

1.コマンドプロンプトを管理者で開き、次のコマンドを入力して Enter を押します。

コマンドプロンプトの開き方(管理者として実行):

Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き「cmd」と入力し、Shift + Ctrl キーを押しながら Enter を押してください。

reagentc /disable

2.「REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。」と表示されたら WinRE は無効になります。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトはまだ使用しますので、閉じずにそのままにしておきます。

WinRE を無効にすると「C:\Windows\System32\Recovery」フォルダーに現在の Windows RE イメージ(Winre.wim)が移動されます。

※Windows 10 22H2 の Windows RE イメージのサイズは約 500MB ですので、回復パーティションのサイズが 500MB +10MB 以上ある状態で回復パーティションを無効にすると「C:\Windows\System32\Recovery」フォルダーに移動されます。

回復パーティションのサイズが Windows RE イメージのサイズよりも小さい場合は別のフォルダーに移動されるか、回復パーティションに残ります。

詳しくは次のページをご覧ください。

Win10/Win11 回復パーティションを削除したら初期化(PC のリセット)はできるのか?

「Winre.wim」は隠しファイル(保護されたオペレーティングシステムファイル)になっていますので、隠しファイルを表示して確認してみてください。

2.ISO ファイルから Windows RE イメージを取り出し、現在の Windows RE イメージに上書きする

Windows 10 の ISO ファイルから Windows RE イメージ(Winre.wim)を取り出し、現在の Windows RE イメージ(Winre.wim)に上書きをします。

※上書きが心配な場合は、現在の Windows RE イメージをどこかに保存しておきましょう。

上書きが完了したら、そのまま操作を進め、WinRE を有効にしたらコマンドプロンプトを閉じ、Windows Update の画面を開いて更新の再試行をしてください。

※次のページに手順をまとめてみましたので、上記がわかりにくい場合はご覧ください。

Win10 ほぼ解決! KB5034441 の 0x80070643 エラー

コメント(降順)

  1. エラーメッセージが気になるマン より:

    ありがとうございます!!インストールできました!!
    更新履歴のほうも、正しくインストールされましたになってました!
    あなたは神です!!

    • wenbang より:

      エラーメッセージが気になるマン様、

      解決できましたか。お役に立ててよかったです。

  2. k******** より:

    この記事をありがとうございました。
    試しに問題が発生しているWindows10 PC2台にUpdateをためしてみましたが、2台とも同じエラーが発生しました。まだ解決されてないようです。

    • wenbang より:

      k********様、コメントありがとうございます。(名前にメールアドレスが含まれていましたので編集しています)

      >試しに問題が発生しているWindows10 PC2台にUpdateをためしてみましたが、2台とも同じエラーが発生しました。まだ解決されてないようです。
      情報をありがとうございます。今のところ問題を解決するには Microsoft の更新を待つか、回復パーティションの操作、Microsoft が提供しているスクリプトを実行、クリーンインストールのいずれかですね。

      Microsoft が提供しているスクリプトを実行するか、Microsoft の更新を待つことが一番良いと思います。

      Microsoft が提供しているスクリプト
      https://windows-waza.com/has-the-problem-that-win10-kb5034441-cannot-be-installed-already-been-resolved/#toc4

      • エラーメッセージが気になるマン より:

        こんにちわ。自分はどの方法もだめでした。フォルダを削除してもWindows Updateでエラーメッセージが出てしまい、スクリプトのほうもPowerShellは正常に終わりましたが、Windows Updateではいつものエラーが出てしまいました。回復パーティションも560MB空きがあるのにだめです。現状クリーンインストールしかなさそうな雰囲気です。

        • wenbang より:

          エラーメッセージが気になるマン様、コメントありがとうございます。
          コマンドプロンプトを管理者で開き「reagentc /info」と入力して Enter を押した時に「Windows RE の状態: Enabled」と表示されていますか?

          もしも「Windows RE の状態: Disabled」と表示されている場合は「reagentc /enable」と入力して Enter を押して有効にしてから「reagentc /info」を入力して Enter を押してください。
          「Windows RE の状態: Enabled」と表示されたら Windows Update を再試行してみてください。

          もしも「Windows RE の状態: Enabled」と表示されている場合は「reagentc /disable」と入力して Enter を押して無効にしてから「reagentc /enable」を入力して Enter を押して有効にしてください。
          その後に「reagentc /info」を入力して Enter を押してください。「Windows RE の状態: Enabled」と表示されたら Windows Update を再試行してみてください。

          エラーが消えない場合は、一度 Windows Update の更新履歴を確認してみてください。「KB5034441」が正しくインストールされたと表示されていませんか?
          先日別の更新プログラム「KB5001716」の不具合で同じエラーが出ています。

          Win10 どうする? KB5001716 インストールで 0x8007643
          https://windows-waza.com/win10-error-0x8007643-when-installing-kb5001716/

          • エラーメッセージが気になるマン より:

            どうもありがとうございます!残念ながら両方だめでした。Enabledの状態だったのでDisabled→Enabledにしても変わらず。更新履歴もKB5034441はみんなインストールに失敗しましたになっていました。リンクの記事内にあった「C:\Windows\SoftwareDistribution\Download」のほうにもKB5034441のcabファイルはありませんでした。フォルダに検索をかけてもヒットしなかったです。

          • wenbang より:

            エラーメッセージが気になるマン様、

            解決できませんでしたか。そうなると、少々難しい操作になりますが、次のページを参考に Windows 10 の ISO ファイルから Windows RE イメージ(Winre.wim)を取り出し、現在の Windows RE イメージ(Winre.wim)に上書きをすることでほぼ解決できる思います。

            Win10 解決!「REAGENTC.EXE: Windows RE イメージは見つかりませんでした。」
            https://windows-waza.com/win10-solved-reagentc-exe-windows-re-image-not-found/

            手順は次の通りです。

            1.回復パーティション(WinRE)を無効にする
            回復パーティション(WinRE)を無効にすると「C:\Windows\System32\Recovery」フォルダーに現在の Windows RE イメージ(Winre.wim)が移動されます。(隠しファイル(保護されたオペレーティングシステムファイル)

            2.Windows 10 の ISO ファイルから Windows RE イメージ(Winre.wim)を取り出し、現在の Windows RE イメージ(Winre.wim)に上書きをする
            上書きが心配な場合は、現在の Windows RE イメージをどこかに保存しておくと良いです。

            3.回復パーティション(WinRE)を有効にする
            4.Windows Update を再試行します

タイトルとURLをコピーしました