Windows 10Windows 11システムに関する問題問題解決全般

Win10/Win11 回復パーティションを削除したら初期化(PC のリセット)はできるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回、Windows 10 と Windows 11 の回復パーティションを削除した場合に初期化(PC のリセット)はできるのか?を検証してみました。

回復パーティションとは何なのか?

回復パーティションには、以下のものが保存されています。

  • Windows回復環境(WinRE)
  • システムイメージ(Windows RE イメージ)
  • 回復をするために必要なツール

詳しく説明すると、回復パーティションには「Recovery」、「System Volume Information」の 2つのフォルダーがあり、その中に「WindowsRE」、「Logs(ない場合もある)」の 2つのフォルダーがあります。

「WindowsRE」フォルダーの中には、「Windows RE イメージ(Winre.wim)」、「ReAgent.xml」、「boot.sdi」の 3つの重要なファイルがあります。

「ReAgent.xml」は WinRE の構成ファイルであり、「boot.sdi」はメモリー内に RAM ディスク(仮想ストレージ)を作成するためのファイルです。

「Winre.wim」の中には「Program Files」、「Program Files (x86)」、「ProgramData」、「sources」、「Users」、「Windows」の 6つのフォルダーが入っています。

回復パーティションには、Windows の起動に失敗した場合や、システムに深刻な問題が発生した場合にシステムを復元するためのイメージやファイルが保存されています。


回復パーティションを削除したら初期化(PC のリセット)はできるのか?

では、この回復パーティションを削除したら初期化(PC のリセット)はできるのか?

WinRE が無効になっている場合

1.コマンドプロンプトから「reagentc /disable」を実行し、WinRE を無効にした場合

WinRE が無効になっている場合、設定から初期化(PC のリセット)はできなくなります。

Windows 10:「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」>「このPCを初期状態に戻す」

Windows 11:「設定」>「システム」>「回復」>「このPCをリセット」

通常は、「設定」から初期化(PC のリセット)を実行すると次のように「個人用ファイルを保持する」と「すべて削除する」というオプションの選択画面が表示されます。

PC をリセットする

しかし、WinRE が無効になっている場合、「回復環境が見つかりません」と表示されます。

そして、「高度なスタートアップオプション」では、通常は「トラブルシューティング」を選択すると「この PC を初期状態に戻す」と「詳細オプション」が表示されます。

Windows回復環境(WinRE)が有効

しかし、WinRE が無効になっている場合、「詳細オプション」が直接表示され、「スタートアップ設定」と「UEFI ファームウェアの設定」しか表示されなくなります。

Windows回復環境(WinRE)が無効

「詳細オプション」に 2項目しか表示されないので、「高度なスタートアップオプション」からは更新プログラムのアンインストールやシステムの復元は実行できなくなります。

2.WinRE が有効のまま回復パーティションを削除した場合

WinRE が有効のまま回復パーティションを削除した場合、自動的に WinRE が無効になり、上記と同じように初期化ができなくなります。

注意:
WinRE が有効のまま回復パーティションを削除してはいけません。必ず WinRE を無効にしてから削除しましょう。

そして、WinRE が有効のまま回復パーティションを削除してしまうと、「Windows RE イメージ(Winre.wim)」はパーティションごと削除されてしまい、再度 WinRE を有効にする際に「REAGENTC.EXE: Windows RE イメージは見つかりませんでした。」というエラーが表示され、WinRE を有効にすることができなくなってしまいます。


WinRE を無効にすると、「Windows RE イメージ(Winre.wim)」は一時的に「C:\Windows\System32\Recovery」フォルダーに保存されます。そして、WinRE を有効にすると回復パーティションに移動されます。

※「C:\Windows\System32\Recovery」フォルダーに保存されている「ReAgent.xml」の内容によっては、WinRE を無効にしても回復パーティションの中に保存されたままになる場合があります。この状態で回復パーティションを削除すると、「Windows RE イメージ(Winre.wim)」も同時に削除されてしまいます。

もしもそのような状態になってしまった場合は、次のページの方法で解決することができます。

Win10 解決!「REAGENTC.EXE: Windows RE イメージは見つかりませんでした。」

※仮に WinRE を有効にできたとしても、回復パーティション作成の手順を間違えると初期化の際に「お使いの PC またはデバイスは修復する必要があります」と表示される場合があります。

ファイル: \Windows\system32\winload.efi
エラーコード:「0xc0000225」

回復 – エラーコード「0xc0000225」

回復パーティションがなく、WinRE が無効の状態で初期化する方法

回復パーティションがなく、WinRE が無効の場合、Windows のインストールメディア DVD または USB を使用して初期化することができます。

次のページから各 OS 用のメディア作成ツール「MediaCreationTool」をダウンロードしてメディアを作成してください。

Windows 10 のダウンロード

Windows 11 のダウンロード

メディア作成ツール「MediaCreationTool」の使用方法は、次のページを参考にしてみてください。(Windows 10 も同じ操作です)

Win11 メディア作成ツール「MediaCreationTool_Win11_23H2」

回復パーティションがない状態で Windows回復環境(WinRE)を有効にしたらどうなる?

例えば、次のように回復パーティションがない状態、または回復パーティションのサイズが「Windows RE イメージ(Winre.wim)」よりも小さい状態で Windows回復環境(WinRE)を有効にしたらどうなるのかを検証してみました。

ディスクの管理

この状態で WinRE を有効にすると、「C:\Recovery」フォルダー(隠しファイルを表示しないと見えない)の中に「WindowsRE」フォルダーが作成され、その中に Windows回復環境(WinRE)が保存されるようになっています。

フォルダーの表記に間違いがあり修正しました。

誤:「C:\Windows\Recovery」

正:「C:\Recovery」

この状態は、回復パーティションがある場合と変わりはなく、初期化(PC のリセット)ができる状態です。

これを見ると、回復パーティションは要らないのではないか?と疑問に思うかもしれません。

では、両者のメリット、デメリットを見てみましょう。


「C:\Recovery」フォルダーの中に Windows回復環境(WinRE)が保存されている場合

メリット:

  • 「C:\Recovery」フォルダーの中に Windows回復環境(WinRE)が保存されている場合、通常通り初期化(PC のリセット)ができる。
  • システムドライブ(Windows のインストールされているパーティション)の容量が、回復パーティションがない分多くなる。

デメリット:

  • Windows がインストールされているパーティションに保存されているため、システムに問題がある場合に正常に初期化ができなくなる場合がある。
  • システムに問題がある場合に初期化自体実行できなくなる場合がある。

ドライブ、パーティションとは?

回復パーティションがあり、その中に Windows回復環境(WinRE)が保存されている場合(デフォルト)

メリット:

  • 回復パーティションがあり、その中に Windows回復環境(WinRE)が保存されている場合、通常通り初期化(PC のリセット)ができる。
  • システムに問題があっても「高度なスタートアップオプション」から初期化(PC のリセット)を実行できる。

デメリット:

  • 回復パーティションの分、システムドライブ(Windows のインストールされているパーティション)の容量が少なくなる。

このように、メリット、デメリットがあり、システムの異常時に備え、Microsoft はデフォルトで自動的に回復パーティションを作成するようにしているのだと思います。

当サイトでは、Windows 10/11 関連の情報、問題解決法やカスタマイズ方法などを紹介しています。皆様にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント(降順)

OSの不具合に関する質問の場合は、明確かつ迅速に解決するために、以下の情報を分かる範囲で質問に含めてください。

1. 使用しているOSのバージョン

  • 例:Windows 10 Home 22H2、Windows 11 Pro 21H2 など

2. 発生している具体的な症状

  • 具体的な症状をできるだけ詳しく説明してください。
  • エラーメッセージが表示される場合は、その内容を正確に記載してください。
  • いつ、どのような操作中に問題が発生したのかを明記してください。

3. 症状が出たのはいつからですか?

  • 症状が出始めた時期をできるだけ具体的に教えてください。

4. 症状が出る前に何か特別な操作をしましたか?

  • 以下のような操作を行った場合は、教えてください。
    • アプリのインストール
    • システムの設定を変更するツールを使用した
    • ファイルの削除
    • レジストリの編集
    • その他

5. 症状が出た後に試したことはありますか?

  • 問題解決のために試したことを分かる範囲でリストアップしてください。
  • インターネットで調べた解決策を試したかどうか、その結果も記載してください。

6. Windows Updateは定期的に行っていますか?

  • 最近インストールした更新プログラムを教えてください。
  • 例:KB5034441

7. セキュリティソフトをご利用されていますか?

  • セキュリティソフトの種類(名称)を教えてください。

8. PCの型番

  • PCの型番がわかれば教えてください。
  • わからない場合は、「デスクトップ」または「ノート」と記入してください。
タイトルとURLをコピーしました