Windows 11エクスプローラーに関する問題カスタマイズシステムに関する問題バッチファイル & VBScript便利機能問題解決全般

Windows 11 の新右クリックメニューを旧右クリックメニューに戻す

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 11 の右クリックメニューは Windows 10 のメニューとは違い、新しいコンテキストメニューに変更されました。

以前のメニューに慣れてしまった方は、新しい右クリックメニューが使いにくいのではないでしょうか?

この新しい右クリックメニューは、レジストリを変更することで Windows 10 のように旧右クリックメニューに戻すことができます。

Windows 11 デスクトップで右クリックした時のコンテキストメニュー

旧右クリックメニューに戻すと、「その他のオプションを表示」をクリックした時と同じメニューが直接開きます。

旧右クリックメニューに戻した後

今回紹介するのは、Windows 11 のコンテキストメニューをバッチファイルを使い、レジストリの変更とエクスプローラーの再起動で変更する方法です。

レジストリを変更するだけではなく、メニュー付きで操作を選択でき、ログオフせずに即反映できます。

Win11 の右クリックメニューを以前のメニューに戻すバッチファイル

レジストリの操作を間違えるとシステムが起動できなくなるなど不具合が起きる可能性があります。事前にシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

まずデスクトップの何もない所で右クリック>新規作成>テキストドキュメントをクリック。

新しいテキスト ドキュメントを開き、以下のコマンドをコピーして貼り付けます。

@echo off

mode con cols=90 lines=20&color 1f

:top

set select=""

cls

echo.

echo 1.Win11の右クリックメニューを以前のメニューに戻す

echo 2.Win11の右クリックメニューをデフォルトに復元する

echo 0.終了

echo.

set /p select="番号を入力してEnterを押してください(1/2/0):"

if %select%==1 goto select1

if %select%==2 goto select2

if %select%==0 goto exit

goto top

:select1

reg add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32" /f /ve

taskkill /f /im explorer.exe

ping -n 3 127.0.0.1>nul

start explorer

echo Win11の右クリックメニューを以前のメニューに戻しました

pause

goto top

:select2

reg delete "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}" /f

echo Win11の右クリックメニューをデフォルトに戻しました

pause

goto top

:exit

exit

ファイルの保存方法

メニューの左上のファイル>名前を付けて保存をクリック。

ファイル名を好きな名前に変更し、拡張子を「bat」に変更。エンコードタイプを「ANSI」に変更して保存をクリック
画像クリックで拡大

ファイル名を好きな名前に変更し、拡張子を「bat」に変更し、エンコードタイプを「ANSI」に変更して保存をクリックします。

※「ANSI」を指定しないとバッチファイルを実行できませんので、注意してください。

作成されたバッチファイルをダブルクリックで実行します。

バッチファイルを実行した後の画面

「1」を入力してEnterを押します。(Win11の右クリックメニューを以前のメニューに戻す)

番号を入力してEnterを押した後、デスクトップで右クリックすると以前のメニューに戻っています。

番号を入力してEnterを押した後、レジストリに値が書き込まれ、エクスプローラが終了されます。

3秒経つとエクスプローラが起動されますので、デスクトップで右クリックして以前のメニューに戻っているか確認してください。

「2」を入力してEnterを押します。(Win11の右クリックメニューをデフォルトに復元する)

番号を入力してEnterを押した後、レジストリの値が削除されます。

即反映されますので、デスクトップで右クリックして元のメニューに戻っているか確認してください。

「0」を入力してEnterを押します。(コマンドプロンプトの終了)

番号を入力してEnterを押すと、コマンドプロンプトが終了されます。

何も入力せずに Enter を押しても反応しないようになっています。

コマンドを確認しながら実際に実行してみましょう。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました