Windows 10Windows 11カスタマイズシステムに関する問題問題解決全般

Win10/Win11 ファイル名を指定して実行の履歴が消えてしまう

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 10, Windows11 を使用している方で、ファイル名を指定して実行を使用する場合、毎回入力するのは面倒なので、履歴を残しておきたいという方もいるかと思います。

ファイル名を指定して実行の履歴は、通常履歴が残るようになっていますが、一部のバージョンでは履歴が残らないように設定されていることがあります。

または、あるタイミングで履歴が残らなくなった場合、ユーザー自身が設定をして気付いていない可能性があります。

今回は、ファイル名を指定して実行の履歴を残すようにする方法紹介します。

ファイル名を指定して実行の履歴を残すようにする方法

Windowsキー+I を押して、「設定」を開きます。

Windows 10 の場合

「プライバシー」をクリックします。

設定

「Windows 追跡アプリの起動を許可して、スタート画面と検索結果の質を向上する」をオンにします。

Windows 11 の場合

「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

Windowsのアクセス許可にある「全般」をクリックします。

「Windows にアプリ実行時の追跡を許可して、スタートメニューと検索結果の質を向上させる」をオンにします。

これで次回からファイル名を指定して実行に入力して、実行が成功したコマンドが履歴に残るようになります。

頻繁にファイル名を指定して実行を使用する方は履歴に残るように設定すると面倒な入力を何度もしなくて済みますが、履歴を残したくないという方はオフにしておきましょう。

2023/07/30:

「ファイル名を指定して実行」の履歴に関する設定を簡単に行えるツールを作成しました。

この記事の方法で履歴が残らない方もお試しください。

自作ツール「ファイル名を指定して実行の履歴設定」

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました