Windows 10Windows 11Windows 12セキュリティソフトウェアパソコン(ハードウェア)便利機能問題解決全般

ESETインターネットセキュリティの機能と Windows セキュリティ の注意事項

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここでは筆者の使用している総合セキュリティソフト「ESETインターネットセキュリティ」の機能と「Windows セキュリティ(Microsoft Defender, Windows Defender)」を使用するための注意事項を紹介したいと思います。

Windows 10、Windows 11 に搭載されている Windows セキュリティも今では有料のセキュリティソフトに負けないぐらい検出率が高くなっています。

しかしその一方で、Windows セキュリティは有料のものに比べると機能が少なく使いにくいという声もあります。

最近ではフィッシングサイトが増えており、しっかりとしたセキュリティ対策が必要になってきました。

フィッシングサイトとは、本物を装った偽のサイトであり、クレジットカード番号やアカウント情報(ユーザID、パスワードなど)などを入力させ、個人情報盗み取る悪質なサイトです。

こういったフィッシングサイトにはウイルスが仕組まれていることもあり、ページを見るだけでウイルスに感染してしまうこともありますので注意が必要です。

ESETインターネットセキュリティの機能一覧

ウイルス・スパイウェア対策
さらに多くの既知および未知のウイルスを早期に検出し駆除します。アドバンスドヒューリスティック検出技術により、これまで見られなかったようなマルウェアも検出して未知の脅威からユーザーを保護し、無効化します。

フィッシング対策
フィッシングコンテンツを配布していることが判明しているWebページをブロックします。

不正侵入対策(パーソナルファイアウォール)
外部からの攻撃から保護したり、一部のサービスをブロックしたりすることができます。

迷惑メール対策
受信者側が送信を要求していないメールを指定フォルダーへ自動で振り分けします。

有害サイトアクセス対策(ペアレンタルコントロール)
受信者側が送信を要求していないメールを指定フォルダーへ自動で振り分けします。

クラウドによるレビューテーション(ESET Live Grid)
クラウドを利用して正確にマルウェアを検出します。

ホームネットワーク保護
ハッキングされた家庭用ルーターを検出します。

Webカメラアクセス制御
望ましくないアプリケーションがパソコンのカメラにアクセスするのを禁止できます。

インターネットバンキング保護
入力されたIDやパスワード、クレジットカード情報など、キーボードから入力されたデータを自動的に暗号化し情報を保護します。

SNS保護(ESET Social Media Scanner)
Twitterを検査し、悪意のあるリンクや有害なコンテンツについて通知します。

ホスト侵入防止システム(HIPS)
コンピュータのセキュリティに悪影響を与えようとする望ましくない活動およびマルウェアからシステムが保護されます。任意のシステムレジストリ/プロセス/アプリケーション/ファイルに対して変更の可否などのルールを定義します。

セキュリティ監査
重要な端末設定やインストール済みのアプリケーションの権限を監視して、セキュリティリスクを防止します。

ESETインターネットセキュリティはユーザーの満足度が高いソフト

ESETインターネットセキュリティは、多くのウイルス対策ソフト比較サイトでも高く評価され、ユーザーの満足度が高いソフトです。

比較的古い PC でも動作が軽く、仕事の邪魔をしません。無料体験版も用意されているので気軽に試すことができます。

PR

総合ウイルス対策ソフト「ESETセキュリティソフト」

「Windows セキュリティ」を使用するための注意事項

Windows セキュリティを使い続ける場合、ブラウザーは Microsoft Edge の使用をおすすめします。

Windows セキュリティには、「Microsoft Defender SmartScreen」という機能があり、フィッシングやマルウェアの Web サイトやアプリケーションからユーザーを保護し、悪意があると考えられるファイルのダウンロードを防ぎます。

Microsoft Defender SmartScreen では、サイトに悪意があると考えられるかどうかを次のように判断します:

  • アクセスした Web ページを分析し、疑わしい動作の兆候を探します。 Microsoft Defender Smartscreen は、ページが疑わしいと判断した場合、警告ページを表示して注意を促します。
  • アクセスしたサイトを、報告されているフィッシング詐欺サイトおよび悪意のあるソフトウェア サイトの動的な一覧と照合します。 一致が見つかった場合、Microsoft Defender SmartScreen は警告を表示して、サイトに悪意がある可能性があることをユーザーに知らせます。

Microsoft Defender SmartScreen では、ダウンロードされたアプリやアプリのインストーラーに悪意があると考えられるかどうかを次のように判断します:

  • ダウンロードしたファイルを、報告されている悪意のあるソフトウェア サイトおよび既知の安全でないプログラムの一覧と照合します。 一致が見つかった場合、Microsoft Defender SmartScreen は警告を表示して、サイトに悪意がある可能性があることをユーザーに知らせます。
  • ダウンロードしたファイルを、よく知られていて多くの Windows ユーザーによってダウンロードされたファイルの一覧と照合します。 その一覧にファイルが含まれていない場合、Microsoft Defender SmartScreen は警告を表示して注意を促します。
MicroSoft

この「Microsoft Defender SmartScreen」は、Microsoft Edge 以外に対応していません。

Windows セキュリティのみで十分だという声がたくさんありますが、Windows セキュリティと Microsoft Edge をセットで使用することにより、最大限のセキュリティ効果を発揮します

Google Chrome で「Microsoft Defender SmartScreen」のような機能を使用したい場合は拡張機能を追加する必要があります。

Microsoft Defender Browser Protection

Windows セキュリティを使用するにしても、ESETインターネットセキュリティを使用するにしても、PC の使い方に合わせて選ぶ必要があります。

特に通販サイトを利用する方やインターネットバンキングを利用する方、パスワードや大事なファイルを扱う方は ESETインターネットセキュリティのような総合セキュリティソフトの使用をおすすめします。

インターネットは、どこでも誰でも利用できるとても便利なものですが、便利を利用する悪意のある者達が後を絶ちません。

疑わしいサイト、メールなど、普段から気を付けて見る癖を付けましょう。

Win11 Windows セキュリティの保護の履歴について

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました