スポンサーリンク
Windows 11システムに関する問題問題解決全般

Win11 システムの復元ポイントが作成できない場合の原因と対処法

スポンサーリンク

今回は、Windows 11 でシステムの復元ポイントが作成できない場合の対処法を紹介します。

システムの復元とは、今現在のシステムの状態をバックアップする Windows の機能です。

新しいアプリ、ドライバー、更新プログラムをインストールする際などに復元ポイントを作成しておくことで、何か不具合が起きた場合に元の状態に復元することができます。

システムの復元(バックアップ)作成、復元、削除方法

しかし、復元ポイントを作成しようとすると、「0x80042308」のようなエラーが出て作成できないことがあります。

システムの復元ポイントが作成できない場合の原因と対処法

ハードディスクにエラーがある

ハードディスクにエラー(不良セクタ)があり、ファイルやフォルダーが壊れている場合はシステムの復元ポイントの機能が正常に動作しない場合があります。

定期的にハードディスクのエラーチェックを行うことで、様々なエラーの予防、不良セクタの修復を行いましょう。

Win10/Win11 定期的に HDD,SSD のエラーチェックをしよう

不良セクタとは

セクタとは、簡単に言うと、ハードディスク(HDD)や SSD の中のデータを保存する場所であり、この場所はたくさんあります。

扉のある小さな部屋と例えるとわかりやすいかと思います。

小さな部屋(セクタ)には一定のデータ(ファイルやフォルダー)が保存出来るようになっており、この小さな部屋(セクタ)がいくつか集まったのがクラスタ(大部屋)と呼びます。

PC はそのクラスタ(大部屋)単位でデータを読み込んだり、書き込んだりしています。

もしも小さな部屋(セクタ)が潰れたり、扉が壊れてしまったらどうでしょう?データを取り出せないし、保存することも出来なくなってしまいます。

この壊れた小さな部屋を「不良セクタ」と呼びます。

Windows 11 に搭載されているハードディスクのエラーチェックでは、余程ひどいものでなければ不良セクタを修復することができます。

エラーチェックを行うことでデータを正常に読み取れるようになります。

スポンサーリンク


必要なサービスが起動していない

システムの復元ポイントの作成には、「Volume Shadow Copy」サービスが必要です。

通常「Volume Shadow Copy」サービスのスタートアップの種類は「手動」になっており、PC の起動時にはサービスは開始していません。

バックアップやシステムの復元ポイントの作成時などに自動で起動するようになっています。

Volume Shadow Copy

バックアップやその他の目的で使用されるボリューム シャドウ コピーを、管理および実装します。このサービスが停止されると、シャドウ コピーはバックアップに利用できず、バックアップは失敗する可能性があります。このサービスが無効の場合、これに明示的に依存するサービスは開始できません。

この「Volume Shadow Copy」サービスは、場合によっては自動で起動しないことがありますので、スタートアップの種類を「自動」に設定することで回避しましょう。

「Volume Shadow Copy」サービスのスタートアップの種類を「自動」に設定する

1.Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、「services.msc」と入力して Enter を押します。

「ファイル名を指定して実行」を開き、「services.msc」と入力

2.サービスが開きますので、下にスクロールし、「Volume Shadow Copy」をダブルクリックで開きます。

サービス – Volume Shadow Copy

3.Volume Shadow Copy のプロパティが開きますので、「スタートアップの種類」を「自動」に変更し、OK をクリックします。

Volume Shadow Copy のプロパティ

4.サービスを閉じ、PC を再起動します。

ハードディスクの容量不足

システムの復元ポイントを作成するには、ハードディスクの容量が十分にあることが必要です。

復元ポイントの作成に必要なだけの空き領域がないと、エラーが出て失敗することがあります。

ハードディスクの空き領域が少なく赤くなっている場合は、一時ファイルや古い復元ポイントを削除して空き領域を増やしましょう。

ハードディスクの空き領域が少なく、赤くなっている

復元ポイントの削除方法:

システムの復元(バックアップ)作成、復元、削除方法

一時ファイルの削除方法:

Win10/Win11 パソコンが急に遅く(重く)なった場合の確認項目

サードパーティ製ソフト

セキュリティソフトを含むサードパーティ製ソフトは、システムの復元に影響を与える可能性があります。

システムの復元ポイントが作成できない場合は、一時的にセキュリティソフトを停止し、使用していないソフトを終了してから実行してみてください。

その際にインターネットからのウイルス感染が心配な場合は、ネットワークを遮断しておきましょう。

スポンサーリンク

当サイトでは、Windows 10/11 関連の情報、問題解決法やカスタマイズ方法などを紹介しています。皆様にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント(降順)

OSの不具合に関する質問の場合は、明確かつ迅速に解決するために、以下の情報を分かる範囲で質問に含めてください。

1. 使用しているOSのバージョン

  • 例:Windows 10 Home 22H2、Windows 11 Pro 21H2 など

2. 発生している具体的な症状

  • 具体的な症状をできるだけ詳しく説明してください。
  • エラーメッセージが表示される場合は、その内容を正確に記載してください。
  • いつ、どのような操作中に問題が発生したのかを明記してください。

3. 症状が出たのはいつからですか?

  • 症状が出始めた時期をできるだけ具体的に教えてください。

4. 症状が出る前に何か特別な操作をしましたか?

  • 以下のような操作を行った場合は、教えてください。
    • アプリのインストール
    • システムの設定を変更するツールを使用した
    • ファイルの削除
    • レジストリの編集
    • その他

5. 症状が出た後に試したことはありますか?

  • 問題解決のために試したことを分かる範囲でリストアップしてください。
  • インターネットで調べた解決策を試したかどうか、その結果も記載してください。

6. Windows Updateは定期的に行っていますか?

  • 最近インストールした更新プログラムを教えてください。
  • 例:KB5034441

7. セキュリティソフトをご利用されていますか?

  • セキュリティソフトの種類(名称)を教えてください。

8. PCの型番

  • PCの型番がわかれば教えてください。
  • わからない場合は、「デスクトップ」または「ノート」と記入してください。
タイトルとURLをコピーしました