IntelWindows 10Windows 11Windows 不具合情報パソコン(ハードウェア)パフォーマンスアップ問題解決全般

Windows 11 コア分離により Intel CPU のオーバークロックが無効になる

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 11 の最近のアップデートにより、コア分離(メモリ整合性)が有効になっている場合、 Intel CPU のオーバークロックが無効になるという情報がありました。

コア分離は、コンピューター プロセスをオペレーティング システムとデバイスから分離することにより、マルウェアや他の攻撃からの保護を強化しますが、結果的にインテル® Extreme Tuning Utility (インテル® XTU) などのパフォーマンス調整ソフトウェアが正常に動作しなくなるようです。

これは、高セキュリティ プロセスへのアクセスが阻止されているためであり、ソフトウェアで変更を加えてもオーバークロックが無効ですと表示されてしまいます。

BIOS で設定をしようとしても解決できないようです。

この問題は、現在 MSI のコンピューターで確認されているようですが、他のコンピューターにも影響があるかもしれません。

コア分離(メモリ整合性)は、機能に対応したコンピューターで Windows 11 をクリーンインインストールした場合、自動で有効になるようです。(Windows 10 はデフォルトで無効になっています)

この機能が有効になっている場合、ゲームのパフォーマンスが大幅に落ちるということです。

今の時点での解決策は、コア分離(メモリ整合性)をオフにすること以外ないようです。

Win10/Win11 メモリの整合性とは?オンにしたほうがいい?オフにする方法

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました