Windows 10Windows NewsWindows Update に関する問題Windows 不具合情報問題解決全般

Win10 解決! KB5033372 が更新できない 0x800700d エラー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023/12/12 にリリースされた Windows 10 22H2 の更新プログラムがインストールできない不具合が発生しています。

9月、10月の更新でも同様のエラーが出ておりましたが、Microsoft は既に解決していました。

しかし、今回の KB5033372 で 0x800700d エラーが再発しているようです。

「この更新プログラムをインストールできませんでした。もう一度お試しください。0x800700d。」

0x800700d の意味は「ERROR_INVALID_DATA」(無効なデータがダウンロードされたか、破損が発生したことを示します。)になります。

スポンサーリンク

0x800700d エラーの解決法

解決法1

コマンドプロンプトを管理者として開き、次のコマンドを入力して Enter を押します。

Dism /online /cleanup-image /RestoreHealth

コマンドプロンプトの開き方(管理者として実行):

Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き「cmd」と入力し、Shift + Ctrl キーを押しながら Enter を押してください。

コマンドを実行すると処理が開始しますので、そのまましばらくお待ちください。

Dism /online /cleanup-image /RestoreHealth

処理が完了したら Windows Update を実行してみましょう。

解決できない場合は「解決法2」をお試しください。

解決法2

0x800700d エラーを解決するには、ローカルグループポリシーエディターを使用します。

Windows 10 Home の方は、デフォルトではローカルグループポリシーエディターが使用できませんので、次のページを参考にローカルグループポリシーエディターを有効にしてください。

ローカルグループポリシーエディター

1.Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「gpedit.msc」と入力して Enter を押します。

2.ローカルグループポリシーエディターが開きますので、ローカル コンピューター ポリシー>コンピューターの構成>管理用テンプレート>「すべての設定」を開きます。

ローカル コンピューター ポリシー\コンピューターの構成\管理用テンプレート\すべての設定

3.右側の欄にある「オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する」をダブルクリックで開きます。

ローカル コンピューター ポリシー\コンピューターの構成\管理用テンプレート\すべての設定

4.この機能はデフォルトで「無効」になっていますので、「有効」を選択し、左下の「Windows Server Update Services (WSUS) の代わりに、Windows Update から修復コンテンツとオプションの機能を直接ダウンロードする」にチェックを入れ、OK をクリックします。

オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する

5.「オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する」が有効になったのを確認したらローカルグループポリシーエディターを閉じてください。

ローカル コンピューター ポリシー\コンピューターの構成\管理用テンプレート\すべての設定

これで設定は完了しましたので、Windows Update の画面を表示し、更新のチェック(再試行)をしてみましょう。

※ローカルグループポリシーエディターで設定した「オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する」は、更新が完了し PC を再起動すると「無効」に戻ります。

Windows 10 KB5033372 の不具合と解決法

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました