Windows 10Windows 11

Windows 11 にアップグレード後 Windows 10 に戻す手順

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回は Windows Update の画面から Windows 10 を Windows 11 にアップグレードする手順を紹介しますした。

Win10 Update の画面から Win11 にアップグレードする手順

今回は、Windows 11 にアップグレード後、やっぱり元に戻したいという方のために Windows 10 に戻す手順を紹介します。

※上記のページでも説明していますが、通常は 10日以内であれば元に戻すことができます。

Win11 から Win10 に戻せる期間を 10日以上に変更する方法

Windows 10 に戻す手順

1.スタートボタンを右クリック>「設定」をクリックします。

2.「設定」が開いたら、左側の「システム」をクリックし、右側を下にスクロールして「回復」をクリックします。

設定 – システム

3.「回復オプション」にある「復元」をクリックします。

設定 – システム – 回復

4.すると、以前のバージョンに戻す理由を聞かれますので、いずれかにチェックをしてください。

Windows 10 に復元する

5.「次へ」ボタンをクリックします。

Windows 10 に復元する

6.「アップデートをチェックしますか?」と聞かれますので、「行わない」をクリックします。

※「アップデートの確認」をクリックすると、「Windows 10 に復元する」画面が閉じて Windows Update の画面が開いてしまいます。

Windows 10 に復元する – アップデートをチェックしますか?

7.「知っておくべきこと」を読み、「次へ」をクリックします。

復元の前に:

  • 処理には時間がかかりますので、ノートPC の場合は必ず ACアダプターを接続し、途中でバッテリー残量がなくならないようにしてください。
  • ユーザーファイルには影響はないと言っていますが、バックアップを勧めているということは何らかの影響がある可能性があるということですので、大事なファイルはバックアップを取っておきましょう。

復元後は:

  • 一部のアプリとプログラムは再インストールが必要になります。
  • Windows 11 へのアップグレード後に設定に加えた変更はすべて失われます。
Windows 10 に復元する – 知っておくべきこと

8.「ロックアウトされないように注意してください」と表示されますので、以前サインインに使用していた Windows 10 のパスワードを用意しておきましょう。

※パスワードを忘れてしまった場合は復元した後にサインインができなくなります。問題なければ「次へ」をクリックします。

Windows 10 に復元する – ロックアウトされないように注意してください

9.「Windows 11 をお試しいただきありがとうございます」と表示されますが、この時点でやっぱり Windows 11 を使い続けたいと思えば「キャンセル」を、復元する場合は「Windows 10 に復元する」をクリックします。

※「Windows 10 に復元する」をクリックするとキャンセルできませんのでご注意ください。

Windows 10 に復元する – Windows 11 をお試しいただきありがとうございます

10.PC は自動で再起動し、復元が開始します。

以前のバージョンの Windows を復元しています…

11.復元が完了すると元の Windows 10 が起動します。

※復元が完了すると、アップグレード後に作成された Cドライブ直下にある「Windows.old」フォルダーは削除されます。

筆者の環境でテストした結果、アップグレード完了後に Windows Update を実行し(22H2 のまま)、Microsoft Store のアプリを更新していましたが、「Windows 10 に復元する」をクリックしてから約 3分で Windows 10 に復元されました。

復元にかかる時間はアップグレード後に加えた変更が多ければ多いほど時間がかかるようです。

Windows 10 のサポート期限が延長される可能性?

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました