Windows 11Windows便利機能アプリケーションに関する問題カスタマイズサウンド(音声)に関する問題ソフトウェア自作ソフト

Win11 アラームの音を鳴らさず通知のみを表示する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 11 のアラーム(クロックアプリ)の音を鳴らさず通知のみを表示する方法を紹介します。

通常はアラームを設定すると通知の際に音が鳴りますね。

Win10/Win11 アラームを設定して就寝時間を知らせる

しかし、音が鳴ると困るような場合に、アラーム音は鳴らさずに通知だけを表示させたいという方もいます。

そのため、ここではアラームの音を鳴らさないように(無音に)する簡単な説明と、難しい操作を簡単にするツールを作成しましたので紹介したいと思います。

ここで紹介する方法を利用すれば、決められたアラーム音以外の好きな音声ファイルを鳴らすこともできます。

※Windows 11 のみに対応しています。

スポンサーリンク

アラームの音を鳴らさず通知のみを表示する方法

アラームの音を鳴らさず通知のみを表示するには、すべての音を鳴らさなければいいのですが、アラームの音だけを鳴らないようにするには無音のファイルを用意する必要があります。

Windows 11 のアラームの音声ファイルは次のフォルダーの中にあります。

C:\Windows\Media

このフォルダーの中の Alarm01.wav~Alarm10.wav までのファイルがアラームの音声ファイルです。

拡張子を表示しておきましょう。

拡張子とは?

Windows 11 のアラームの音声ファイル

10個のアラームの音声ファイルのうち、使用しない音声ファイルを無音のファイルと入れ替え、それを指定することでアラーム音が鳴らなくなります。

しかし、アラームの音声ファイルは所有者が「TrustedInstaller」となっており、通常の方法ではファイルを変更することはできません。

「TrustedInstaller」とは、Windows のシステム上最高の権限持つユーザーです。

ですので、アラームの音声ファイルを変更するためにはアクセス許可を得る必要があります。

アクセス許可の方法は当サイトでも紹介していますが、難しい作業になりますので、指定したアラームの音声ファイルのアクセス許可を自動で取得し、ファイルをバックアップしてから無音ファイルに置き換えるツールを作成しました。

アラーム音を無音にするツールのダウンロードと使用方法

自作ソフトの使用について

AlarmNoSound.zip

ハッシュ値:対象「AlarmNoSound.exe」

SHA256 ハッシュ値:
7db600a8a19060680061eb500656ac8ccfdaae075586c08cac57acc2a2f451f0

「AlarmNoSound.zip」をダウンロードし、解凍してください。

解凍したら、中にある「AlarmNoSound.exe」を実行します。

AlarmNoSound

「ユーザーアカウント制御」が表示されますので「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ツールが起動したら、「C:\Windows\Media」フォルダーにある Alarm01.wav~Alarm10.wav までのファイルのうち、使用しないファイルを「ここにドラッグ&ドロップ」という場所にドラッグ&ドロップします。

Win11 アラームの音声ファイルを無音ファイルに置き換える

ドラッグ&ドロップとは?

ファイルを左クリックして離さず、そのままツール上に持って行き左クリックを離します。

ファイルをツール上にドラッグ&ドロップ

ファイルをツール上にドラッグ&ドロップすると表示が変わり、ファイル名とアラーム名が表示されます。

下にはバックアップ後のファイル名が表示されます。

ファイルをドラッグ&ドロップした後

対応していないファイルをドラッグ&ドロップすると「正しいファイルをドラッグ&ドロップしてください」と表示します。

対応していないファイルをドラッグ&ドロップした場合

「開始」ボタンをクリックするとファイルのアクセス許可を取得し、バックアップと置き換えを実行します。

無音ファイルはツールと同じ場所にある「SoundFile」フォルダーの中にあります。(NoSoundFile.wav)

操作が完了すると次の画面が表示されますので、アラームの設定で置き換えたアラーム音に設定すると無音になります。

アラーム音の置き換え
アラームの追加

アラームの追加方法は次のページを参考にしてみてください。

Win10/Win11 アラームを設定して就寝時間を知らせる

「バックアップファイルが存在しますので置き換えができません。」エラーが出る場合

「バックアップファイルが存在しますので置き換えができません。」というエラーが表示される原因は、既にバックアップファイルが存在するためです。

エラー
既にバックアップファイルが存在するためエラーが出る

エラーを出さないようにするには、バックアップファイルをどこかに移動するか、名前を変更する必要があります。

アラーム音を元に戻すには

アラーム音を元に戻したい場合は、例えば「Alarm10.wav」を無音にしていた場合、「Alarm10.wav」を削除してからバックアップファイル「Alarm10.wav.bak」の名前を「Alarm10.wav」に変更してください。

名前を変更する際に警告画面や「ユーザーアカウント制御」が表示されます。

「名前の変更」で「はい」をクリックします。

名前の変更

「ファイル アクセスの拒否」が表示されますので「続行」をクリックします。

ファイル アクセスの拒否

「ユーザーアカウント制御」が表示されますので「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

これでアラーム音は元に戻りました。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました