Windows 11インターネットに関する問題ソフトウェア問題解決全般

Win11 解決! Hyper-V ゲストOS のネットワークが繋がらない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 11 で Hyper-V を使用している環境で、ゲストOS のネットワークが繋がらない場合の解決法を紹介します。

ゲストOS のネットワークドライバーの再インストールやネットワークのリセットを行っても解決できない場合に参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Hyper-V のゲストOS のネットワークが繋がらない場合の解決法

例えば、「ネットワークとインターネット」のトラブルシューティングを行った際に「インターネット接続なしーローカル ネットワークのみに接続されています。」と表示された場合。

問い合わせ

または、ブラウザーを開いた際に「サーバー IP アドレスが見つかりませんでした。」と表示された場合。

Microsoft Edge

これらの症状が出た場合、ホスト OS の接続が問題なくても、一度 ホスト OS を再起動しましょう。

再起動後にゲスト OS を起動して確認し、問題が解決していない場合はゲスト OS の DNS 設定を編集してみましょう。

1.タスクバーの右下にあるネットワークのアイコンを右クリック>「ネットワーク設定とインターネット設定」をクリックします。

タスクバー – ネットワークアイコン右クリック

2.「ネットワークとインターネット」が開きますので、「プロパティ」をクリックします。

ネットワークとインターネット

3.ネットワークアダプターのプロパティが開きますので、「DNS サーバーの割り当て:」の右側にある「編集」をクリックします。

イーサネット

4.「DNS 設定の編集」が開きますので、① で「手動」を選択し、② の「IPv4」を「オン」にします。

5.すると、「優先 DNS」と「代替え DNS」が入力できるようになりますので、お使いのプロバイダーの DNSサーバーアドレスを入力してください。

例えば、筆者はビッグローブ光を使用していますので、ビッグローブの DNSサーバーアドレスを入力します。



ビッグローブの DNSサーバー
  • DNSプライマリ = 優先 DNS
  • DNS セカンダリ = 代替え DNS

DNSサーバーアドレスは、ご利用のプロバイダーの WEB サイトやプロバイダーから送られてきたネットワーク接続の ID、パスワードが載っている書類などでご確認ください。

DNS 設定の編集

6.DNSサーバーアドレスが入力出来たら「保存」をクリックします。

これで DNS 設定の編集は完了しましたので、「設定」画面を閉じてブラウザーを開いてみましょう。

問題がなければインターネットに接続できるようになっています。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました