Windows 10Windows 11システムに関する問題セキュリティ問題解決全般

ユーザーアカウント制御(UAC)は無効にするべきか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 10、Windows 11には、有害な可能性のある変更からシステムを保護するために、ユーザー アカウント制御(UAC)という機能が備わっています。

ユーザー アカウント制御(UAC)が煩わしく感じ、無効にしてしまう方がいますが、おすすめしません。

ユーザーアカウント制御(UAC)は無効にするべきか?

結論から言うと、相当 PC に詳しい方以外は無効にするべきではありません。

Windows に詳しい方でも、多くの場合に確認を忘れて、製作元が不明なアプリケーションを実行してしまうことがあります。

そのアプリケーションがウイルスであれば感染してしまうかもしれません。

ユーザー アカウント制御(UAC)は、そんな時に「ちょっと待って!それ本当に大丈夫?」と、考える時間を与えてくれます。

ユーザー アカウント制御(UAC)の変更方法

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

control

コントロールパネルが開きますので、「ユーザーアカウント」をクリックします。

すべてのコントロールパネル

一番下のユーザーアカウント制御設定の変更をクリックします。

ユーザーアカウント

ユーザーアカウント制御の設定が開きますので、左側の常に通知する~通知しないの間で、通知を受けるタイミングを選択します。

通知タイミングは3段階ある

1.次の場合は常に通知する

  • アプリがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピューターに変更を加えようとする場合
  • ユーザーが Windows 設定を変更する場合

PC の初心者におすすめの設定で、アプリケーションをよく利用する場合には設定しておきましょう。

ユーザーアカウント制御の設定-次の場合は常に通知する

2.アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合にのみ通知する(既定)

  • ユーザーが Windows 設定を変更する場合は通知しない

デスクトップが暗転されますので、ユーザーアカウント制御の画面が出ている時には他の操作は行えません。

通常はこのまま使用することをおすすめします。

ユーザーアカウント制御の設定-アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合にのみ通知する(既定)

3.アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合にのみ通知する(デスクトップを暗転しない)

  • ユーザーが Windows 設定を変更する場合は通知しない

デスクトップを暗転しないので、ユーザーアカウント制御が表示されている時でも他の操作ができます。(筆者はこの設定にしています)

ユーザーアカウント制御の設定-アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合にのみ通知する(デスクトップを暗転しない)

通知しない

通知しないに設定する場合、アプリがソフトウェアをインストールする時や、コンピューターに変更を加える時、ユーザーが Windows の設定を変更する際に、何も通知されません。

ユーザーアカウント制御の設定-以下の場合でも通知しない

既定の設定、または「アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合にのみ通知する(デスクトップを暗転しない)」をおすすめします。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました