Windows 11Windows NewsWindows 不具合情報アプリケーションに関する問題ソフトウェア問題解決全般

Win11 新バージョンのペイントアプリの問題点と一時的な対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 11 のペイントアプリの新バージョン「11.2310.42.0」では、フォントが「Yu Gothic UI」に変更され、文字サイズが「10.5」になってしまう問題や色の問題が解決されました。

Win11 ようやく解決! ペイントアプリのフォントや色の問題

しかし、まだまだユーザーにとって使いにくい別の問題やバグが存在します。

スポンサーリンク

新バージョンのペイントアプリの問題点と一時的な対処法

問題点1 文字のみを入力してペイントを閉じると保存されない

こちらはユーザー様からのコメントをいただき確認しました。

文字のみを入力した状態でペイントを閉じると、通常は「作業内容を保存しますか?」という確認画面が表示されますが、バージョン「11.2310.42.0」では確認画面が表示されません。

作業内容を保存しますか?

旧バージョン「11.2304.33.0」で確認してみると、文字のみの入力でも閉じれば確認画面が表示されました。

Microsoft は、今回の新バージョン「11.2310.42.0」でフォントや色の問題を解決しましたが、新たなバグを作ってしまいました。

文字だけを入力した場合、ペイントアプリには何も変更がないと認識しているようです。

このバグはプログラミングをしている人間から見れば、修正はそれほど難しいものではないと思います。

このバグの対処法は、上にある「元に戻す」ボタンを押してから「やり直し」ボタンをクリックします。

ペイントアプリ

これだけでペイントアプリに変更があったと認識させることができます。



問題点2 オブジェクトを消去または切り取り、移動すると背景が透明になる

※オブジェクトとは、簡単に言うと「物」です。

例えば選択した部分を右クリックメニューから削除したり、切り取りや移動をすると背景が透明になってしまいます。

また、メニューの「ファイル」>「画像のプロパティ」から画像サイズを拡大すると、拡大された部分だけ透明になってしまいます。

ペイントアプリ

フィードバック Hub でも次のような報告がありました。

  • 図形を切り取りしたときに、その部分が変な模様になるが、元のように白色の背景になるようにしてほしい
  • ペイントで透明度をオフにしましょう/オブジェクトを消去または切り取るときに、背景が白ではなく透明になるのが気に入らない

Microsoft は、これに対し次のように答えています。

Thanks for taking the time to reach out about this – if you make sure the bottom layer is filled with white, then if you erase or move objects on the upper layers then you’ll see a white background rather than checkered (aka transparent). Your feedback has been passed along to the Paint team and we’ll let you know if there are any changes to share

これについて連絡を取るために時間を割いてくれてありがとう-下のレイヤーが白で塗りつぶされていることを確認してから、上のレイヤーのオブジェクトを消去または移動すると、市松模様(別名透明)ではなく白い背景が表示されます。皆様からのフィードバックはペイントチームにフィードバックされており、共有すべき変更がある場合はお知らせします

フィードバック Hub より. (Bing 翻訳)

Microsoft の言う対処法と別のレイヤーを使わない方法を紹介します。

下のレイヤーを白で塗りつぶす(Microsoft の対処法)

レイヤーとは:

レイヤーを簡単に例えると、1つのレイヤーを 1つの透明の下敷きと考えるとわかりやすいと思います。

レイヤーを追加すると、下敷きの上にさらに透明の下敷きを重ねます。レイヤーは上下を入れ替えることができます。

レイヤーには色を塗ったり、絵を描いたり、消したりすることができ、上のレイヤーを無効に(下敷きを抜き取る)すれば下のレイヤーが現れます。一部を消せば、その部分だけ下のレイヤーが見えるようになります。

1.ペイントを開いたら、レイヤーのアイコンをクリックします。

2.すると、右側にレイヤーが表示されます。

3.この状態で、①塗りつぶしのアイコンをクリック>②色1 をクリック>③白をクリックします。

ペイントアプリ

4.そのまま画像の中(白い部分)を一度クリックします。

ペイントアプリ

これでレイヤーを白く塗りつぶすことができました。

5.次に、レイヤーの上にある「+」ボタンをクリックすると、透明のレイヤーが追加されます。

ペイントアプリ

6.この透明のレイヤーを一度クリックしてみてください。

目の形のアイコンに斜線が引いてあります。

レイヤー

斜線が引いてある状態はレイヤーが有効であり、目の形のアイコンをクリックすると斜線が消え、レイヤーは無効になります。

このレイヤーが有効な状態で次に進みます。

7.このレイヤーを別の色で塗りつぶしてみましょう。

ペイントアプリ

8.そのまま選択範囲を切り取ったり移動してみてください。

背景は透明にならずに白くなります。

ペイントアプリ

レイヤーを使わない方法

レイヤーを使わずに透明になった背景を白くするには、透明になった背景を白く塗りつぶせばいいのですが、色の変更という作業が必要になります。

例えば別の色を使用している際に、透明になった背景を白くするために色を変更して、また使いたい色に戻すのは少々面倒ですね。

ペイントの塗りつぶしは色を変更しなくても、白くしたい場所で右クリックをすると白くなります。

ペイントを開いてお試しください。

この右クリックは、色を塗り間違えた時に「元に戻す」ボタンを使用せずにすぐに戻せるので便利ですよ。

今回紹介した問題は、それほど重大な問題ではありません。

新バージョンのペイントは以前のペイントにはない機能が追加され、とても便利になっていますので是非使ってみてください。

2024/02/20:

Win11 ペイント 11.2311.30.0 全画面表示のバグ

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました