Windows 11Windows NewsWindows 不具合情報アプリケーションに関する問題ソフトウェア問題解決全般

Win11 ペイント 11.2311.30.0 全画面表示のバグ

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 11 のペイント バージョン 11.2311.30.0 の全画面表示にはバグがあるようです。

※2024/02/20 現在のペイントのバージョン 11.2311.30.0

ペイントのメニューの「表示」>「全画面」をクリックするか、F11 キーを押すことで全画面表示をすることができるのですが、F11 キーを 2回以上押してしまった場合、元のサイズに戻った時に全画面表示が残ってしまうバグがあります。

通常は全画面表示をした時に画面の上で左クリックや右クリック、または ESCキーを押すと元の表示に戻ります。

しかし、F11キーを 2回以上押すと ESCキーを押しても元には戻るが全画面表示が残ったままになります。

この時に ESCキーを何度押しても全画面表示は消えません。

残ってしまった全画面表示された画面を「F11キーを押した回数 – 1回」左クリックまたは右クリックをしなければ全画面表示は消えません。

現在のバージョン 11.2311.30.0 のバグなのか、以前からあるバグなのかは不明です。

このバグはほとんどの環境で再現できますので、一度確認してみてください。

その他、以前からあるバグは未だに解決されていないようです。

Win11 新バージョンのペイントアプリの問題点と一時的な対処法

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました