Windows 11アプリケーションに関する問題インターネットに関する問題カスタマイズセキュリティ問題解決全般

Win11 Windows Defender で特定のアプリのネット通信を遮断する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 11 に搭載されている Windows Defender のファイアウォールで特定のアプリケーションのインターネット通信を遮断する方法を紹介します。

何らかの理由で特定のアプリケーションがインターネットに接続することを遮断したい場合に参考にしてみてください。

Windows Defender で特定のアプリのネット通信を遮断する方法

ここでは筆者が作成したツールを例に説明します。

筆者が作成したツール

例えば、このツールは起動時に Windows 11 23H2 の更新プログラムと NVIDIA のグラフィックドライバーの更新情報を取得して表示しています。


このツールのインターネット通信を遮断してみます。

1.タスクトレイにある Windows セキュリティのアイコンをクリックします。

タスクトレイ

2.Windows セキュリティが開きますので、左側にある「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。

Windows セキュリティ

3.「ファイアウォールとネットワーク保護」が表示されたら、下にある「詳細設定」をクリックします。

Windows セキュリティ – ファイアウォールとネットワーク保護

4.「ユーザーアカウント制御」が表示されますので、「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

5.「セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール」が表示されますので、左側にある「受信の規則」をクリックします。

セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール

6.右側にある「新しい規則」をクリックします。

受信の規則

7.「新規の受信の規則ヴィザード」が開いたら、「プログラム」を選択し、「次へ」をクリックします。

新規の受信の規則ヴィザード – 規則の種類

8.「このプログラムのパス」の右側にある「参照」をクリックします。

新規の受信の規則ヴィザード – プログラム

9.「場所が利用できません」という警告が表示される場合がありますので、OK をクリックして閉じます。

場所が利用できません

10.インターネット通信を遮断したいアプリケーション(プログラム)を選択して「開く」をクリックします。

開く(プログラムの選択)

11.「このプログラムのパス」にプログラムのパスが入力されていることを確認したら「次へ」をクリックします。

新規の受信の規則ヴィザード – プログラム

12.「接続をブロックする」を選択し、「次へ」をクリックします。

新規の受信の規則ヴィザード – 操作

13.「この規則はいつ適用しますか?」にある 3つの項目はすべてチェックし、「次へ」をクリックします。

新規の受信の規則ヴィザード – 操作

14.わかりやすい名前を付けて「完了」をクリックします。

新規の受信の規則ヴィザード – 操作

これで「受信の規則」に新しい規則が追加され、追加されたアプリケーションの受信はブロックされました。

セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール – 受信の規則

15.「受信の規則」と同じ操作方法で「送信の規則」も追加してください。

送信の規則
セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール – 送信の規則

これで「送信の規則」に新しい規則が追加され、追加されたアプリケーションの送信はブロックされましたので、「セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール」は閉じてください。


この状態でアプリケーションを開いて確認してみると、アプリケーションのインターネット通信が遮断されているので、更新情報を取得するページにアクセスできずに何も表示されなくなりました。

筆者が作成したツール

「受信の規則」と「送信の規則」を元に戻したい場合は、追加した規則の上で右クリック>「削除」をクリックします。

確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

規則を削除するとすぐにインターネット通信が可能になります。

当サイトでは、Windows 10/11 関連の情報、問題解決法やカスタマイズ方法などを紹介しています。皆様にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント(降順)

OSの不具合に関する質問の場合は、明確かつ迅速に解決するために、以下の情報を分かる範囲で質問に含めてください。

1. 使用しているOSのバージョン

  • 例:Windows 10 Home 22H2、Windows 11 Pro 21H2 など

2. 発生している具体的な症状

  • 具体的な症状をできるだけ詳しく説明してください。
  • エラーメッセージが表示される場合は、その内容を正確に記載してください。
  • いつ、どのような操作中に問題が発生したのかを明記してください。

3. 症状が出たのはいつからですか?

  • 症状が出始めた時期をできるだけ具体的に教えてください。

4. 症状が出る前に何か特別な操作をしましたか?

  • 以下のような操作を行った場合は、教えてください。
    • アプリのインストール
    • システムの設定を変更するツールを使用した
    • ファイルの削除
    • レジストリの編集
    • その他

5. 症状が出た後に試したことはありますか?

  • 問題解決のために試したことを分かる範囲でリストアップしてください。
  • インターネットで調べた解決策を試したかどうか、その結果も記載してください。

6. Windows Updateは定期的に行っていますか?

  • 最近インストールした更新プログラムを教えてください。
  • 例:KB5034441

7. セキュリティソフトをご利用されていますか?

  • セキュリティソフトの種類(名称)を教えてください。

8. PCの型番

  • PCの型番がわかれば教えてください。
  • わからない場合は、「デスクトップ」または「ノート」と記入してください。
タイトルとURLをコピーしました