Windows 10Windows 11Windows便利機能カスタマイズサウンド(音声)に関する問題問題解決全般

Win10/Win11 アプリごとに音量を変更する|特定のアプリの音量が違う

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 10 と Windows 11 には、音声を出力するアプリケーションごとに音量を変更することが出来る、音量ミキサーという機能があります。

動画や音楽を再生するソフトや WEBブラウザー(YouTube などを再生)など、各アプリケーションで違う音量に設定することが出来ます。

例えばシステム自体の通知などの音量は大きいままで、YouTube などは音量を小さくして聴きたいという場合に便利な機能です。

便利な機能ですが、無意識に誤って音量を設定してしまうと、特定のアプリケーションだけ音量が違うといったようなことになってしまいますので、ここでしっかりと設定方法を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

音量ミキサーの設定方法

タスクバー右下にある音量アイコンを右クリック>「音声ミキサーを開く」をクリックします。

音量アイコン

Windows 10 の場合

「音声ミキサー」が開きますので、例えば Google Chrome で YouTube のページを開き、動画を再生すると、次のように「Google Chrome」が表示されます。

音声ミキサー

では、ここでは「Google Chrome」を「10」に設定し、「スピーカー」を「50」に設定してみます。

この状態でシステム音量を「100」に設定すると、「Google Chrome」は「20」まで上がります。(音量に対して 20%)

この場合、「スピーカー」は「100」の音量で「Google Chrome」で再生した YouTube の動画は「20」の音量で聴くことが出来ます。

「システム音」を「スピーカー」と同じ音量に設定しておくことで、常に「スピーカー」と同じ音量になります。

※画面右下の音量アイコンで音量を変更すると、スピーカーの音量が変更されます。

Windows 10 では、システム音量と連動してアプリケーションの音量も変更されます。

Windows 11 の場合

こちらも Windows 10 と同様に、例えば「Microsoft Edge」で YouTube などの動画を再生すると「Microsoft Edge」が表示されます。

Windows 11 では、システム音量を変更してもアプリケーションの音量は連動せず、変更されません。

自分では設定した覚えがないのに勝手に各アプリケーションの音量が変わってしまうことがあります。

Windows 自体の問題なのか、アプリケーションによるものなのかは分かりませんが、もしも一部のアプリケーションの音量が違ってしまう場合は「音声ミキサー」を確認してみましょう。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました