Windows 10Windows 11カスタマイズシステムに関する問題パフォーマンスアップ便利機能問題解決全般

Win10/Win11 メモリー圧縮機能は無効にした方がいいのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Window 10 と Windows 11 には「メモリー圧縮」という機能があり、メモリー圧縮機能はメモリー内のデータを圧縮し、メモリーの使用量を少なくします。

圧縮した分メモリーの使用量が少なくなるため、スワップの頻度が少なくなり、パフォーマンスが上がります。

スワップとは

スワップを簡単に説明すると、物理メモリー(お使いのパソコンに搭載されているメモリー)の空き容量が少なくなった場合に、HDD または SSD の一部をメモリーとして使い、より多くのメモリーを使えるようにします。

そうすることで物理メモリーの不足を補い、HDD または SSD に保存したデータが必要になった場合に物理メモリーに戻します。

この物理メモリーと HDD または SSD 間のデータの交換をスワップといいます。

物理メモリーのスピードは HDD または SSD と比べると桁違いに速く、頻繁にスワップが起きる PC では反応が極端に遅くなったりフリーズすることもあります。

メモリー圧縮機能は無効にした方がいいのか?

メモリー圧縮機能はメモリーを圧縮するので、ファイルの圧縮をするように CPU に負荷がかかります。

最近のパソコンは性能が良いのであまり気になりませんが、性能の良くない CPU を使用している場合はパフォーマンスに影響が出てきます。

メモリーを大量に使用するソフト、例えば VMware 、Photoshop、動画編集ソフトなどを開いた場合、大体メモリーをたくさん使用するソフトは CPU 使用率も高くなります。

CPU 使用率も高く、メモリー使用量も高い時に「圧縮」という作業が加わるとさらに負荷が高くなり、パソコンの動作も遅くなってしまいます。

メモリー圧縮機能は無効にすることも有効にすることもできますので、一度試してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

無効にしないほうがいい場合

メモリー圧縮機能は物理メモリー容量が十分でない場合、無効にしないほうがパフォーマンスは上がります。

物理メモリー容量が十分あり CPU の性能も良い場合は、無効にしても効果を感じられないかもしれません。

十分なメモリー容量とは扱うソフトにもよりますが、最低でも「16GB」以上なければパフォーマンスが落ちてしまう可能性があるため、16GB 以下の場合は無効にしないほうが良いでしょう。

無効にした方がいい場合

物理メモリー容量は十分あるが CPU の性能が良くない場合は、無効にすると一気にパフォーマンスが上がります。

メモリー圧縮機能の確認、無効と有効にする方法

まず Windows PowerShell を管理者として開きます。

Windows PowerShell の開き方

メモリー圧縮が有効か無効かを確認する

Windows PowerShell が開いたら、「Get-MMAgent」と入力してEnterを押します。

すると次のように表示されますので、「MemoryCompression」の右側を見ます。

「True」と表示されていれば、メモリー圧縮が有効です。

メモリー圧縮が有効の場合、タスクマネージャーの「メモリー使用中(圧縮)」の(画像の赤枠部分)に圧縮されたメモリー容量が表示されます。

メモリー圧縮を無効にすると、どんなにメモリーを使っても圧縮の部分は「0 MB」から上がりません。

メモリー圧縮の無効化

Windows PowerShell に次のコードを入力し、Enterを押します。

Disable-MMAgent -mc

再起動をするとメモリー圧縮が無効になります。

メモリー圧縮の有効化

効果のない場合は元に戻しましょう。

Windows PowerShell に次のコードを入力し、Enterを押します。

Enable-MMAgent -mc

再起動をするとメモリー圧縮が有効になります。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました