Windows 11システムに関する問題問題解決全般

Windows 11 タスクマネージャーの表示がおかしい場合の解決法

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 11 をインストールして初めて使う場合、タスクマネージャーはデフォルトで簡易表示されており、プロセスタブやパフォーマンスタブなどが表示されていません。

今回は、Windows 11 タスクマネージャーを通常の表示に切り替える方法を紹介します。

Windows 11 タスクマネージャーを通常の表示に切り替える方法

新規にインストールした Windows 11 でタスクマネージャーを表示すると、通常は簡易表示されており、実行中のプロセスのみが表示されています。

Windows 11 のタスクマネージャー 簡易表示

ここで慌てずに、左下の「詳細」をクリックしてみましょう。

通常のタスクマネージャーの表示になりました。

Windows 11 のタスクマネージャー 通常の表示

これで次回からは通常の表示でタスクマネージャーを開くことが出来ます。

タスクマネージャーのプロセスタブで「名前」などの項目名の部分を右クリックするとメニューが表示され、表示する項目を選択することが出来ます。

画像クリックで拡大
  • 発行元を表示しておくと、プロセスの発行元が表示されます。
  • プロセス名はプロセスの拡張子を含めた名前です。
画像クリックで拡大

この2つは表示しておくことをおすすめします。

アプリケーションがどこで発行されたのかがすぐに確認できますので、不審なプログラムを発見するのに役立ちます。

画像クリックで拡大

発行元が表示されていない場合、プロセスの名前の一番左の「>」をクリックすると表示されます。

※中には表示されないものもあります。

Windows 11 22H2 タスクマネージャーのナビゲーションを常に表示する方法

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました