Windows 11カスタマイズ便利機能

Windows 11 でマウスの設定を開いてカスタマイズする

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マウスにはたくさんの種類があり、機能もそれぞれ違います。

今回は、Windows 11 でマウスの設定を開いてカスタマイズする方法を紹介します。

自分の好きなように設定して使いやすくなるようにしましょう。

マウスの設定

Windowsキー+Iを押して、「設定」を開きます。

左側の「Bluetooth とデバイス」をクリックし、右下にある「マウス」をクリックします。

Bluetooth とデバイス

1.「マウスの主ボタン」でシングルクリックのボタンを左か右に変更できます。

通常は左で右利き用になっています。

2.マウスポインターの速度

マウスを動かした時のポインターの移動速度を変更できます。

マウス自体にこの機能がある場合、ここでの設定は無視されます。

3.マウスホイールを回転させてスクロールする

複数行ずつと一画面ずつを選択できます。

4.一度にスクロールする行数

マウスの真ん中のボタンを回した時に一度で何行スクロールするかを選択します。

1~100まで設定できますが、あまり多くし過ぎると使いにくくなります。

5.ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする

Win10/Win11 非アクティブウィンドウのスクロールの有効、無効化 をご覧ください。

関連設定

1.マウスの追加設定

マウスの追加設定をクリックすると、マウスのプロパティが開き、マウスに関する様々な設定ができます。

上記と同じ項目も含まれています。

2.マウスポインター

マウスポインターをクリックすると、「マウスポインターとタッチ」が表示されます。

マウスポインターのスタイルと大きさを変更できます。

タッチインジケーターをオンにし、「円の色を濃くして大きくする」にチェックを入れると、タッチパネルが使えるパソコンでは指でタッチすると次の動画のように丸が表示されます。

好みに合わせていろいろと設定してみてください。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました