Windows 11Windows Update に関する問題Windows 不具合情報アプリケーションに関する問題インターネットに関する問題サウンド(音声)に関する問題システムに関する問題ディスプレイに関する問題デバイスに関する問題プリンターに関する問題問題解決全般

Win11 解決!トラブルシューティングが実行できない「関連付けられたアプリがありません。」

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 11 のトラブルシューティングを実行する際に、「関連付けられたアプリがありません。・・・」というようなエラーが出て実行できない場合の解決法を紹介します。

トラブルシューティングが実行できない場合の症状、原因、解決法

実際の症状

「Windows Update」と「プログラム互換性のトラブルシューティングツール」以外の、次のトラブルシューティングがすべて開けません。

  • オーディオ
  • ネットワークとインターネット
  • プリンター
  • Bluetooth
  • Windows メディア プレイヤー
  • カメラ
  • バックグラウンド インテリジェント転送サービス
  • ビデオの再生

これらのトラブルシューティングを実行すると、「このファイルには、この操作を実行するように関連付けられたアプリがありません。アプリをインストールするか、または既にインストールされている場合は、既定のアプリの設定ページで関連付けを作成してください。」というエラーが表示され、実行できません。

原因

原因は、最近の Windows Update によりシステムが更新されており、トラブルシューティングに関する部分も変更されています。

それに伴い、最新のトラブルシューティングを使用するには、最新のアプリが必要になりました。

この不具合は、Microsoft Store アプリの「アプリ更新」を「オフ」にしている方で、最近手動で「問い合わせ」アプリを更新していない場合に発生します。

Microsoft Store アプリの設定画面

最新のトラブルシューティングを使用するには、最新バージョンの「問い合わせ」アプリが必要です。

スポンサーリンク

解決法

1.Microsoft Store アプリを開きます。

スタートメニュー

2.左下の「ライブラリ」アイコンをクリックし、「問い合わせ」アプリの右側にある「更新」ボタンをクリックします。

Microsoft Store アプリのライブラリ

Microsoft Store アプリのライブラリに「問い合わせ」が表示されない場合は、Microsoft Store アプリの上の検索ボックスに「問い合わせ」と入力して検索してください。

すると「問い合わせ」が表示されますので選択して開き、「更新」または「入手」をしてください。

Microsoft Store
Microsoft Store – 問い合わせ

※「問い合わせ」を更新する前に「Microsoft Store」と「アプリインストーラー」を更新しておくことをおすすめします。

「Microsoft Store」と「アプリインストーラー」

これらも表示されない場合は、Microsoft Store アプリのライブラリを開いた状態で「更新プログラムを取得する」ボタンをクリックしてみてください。自動ですべてのアプリが更新されます。

「更新プログラムを取得する」

ダウンロードとインストールが完了するまでしばらくお待ちください。

「問い合わせ」アプリを更新中

3.「問い合わせ」アプリの更新が完了したら、Microsoft Store アプリを終了し、トラブルシューティングを実行してみましょう。

最新のトラブルシューティングの画面 – インターネットのトラブルシューティング

最新のトラブルシューティングの画面は変更されており、トラブルシューティングの実行をする前に同意を求められます。

最新のトラブルシューティングの画面 – 同意を求められる

「はい」を選択すると診断が始まります。

「はい」を選択すると診断が始まる

Windows 11 のトラブルシューティングは簡単な問題を解決してくれますので、原因がわからない場合に実行してみることをおすすめします。

Win10/Win11 トラブルシューティングツールを使って問題を解決する

Win10/Win11 すべてのデバイスやハードウェアに関する問題の検出および解決

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました