Windows 10Windows 11カスタマイズシステムに関する問題問題解決全般

Win10/Win11 ウィンドウを画面の上や左右端にドラッグすると大きさが変わってしまう

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 10 または Windows 11 でウィンドウを画面の上や左右端にドラッグすると大きさが変わってしまう場合の解決法を紹介します。

Windows 10 と Windows 11 では、デフォルトでマルチタスクの「ウィンドウのスナップ」という機能が有効になっています。

「ウィンドウのスナップ」とは、ウィンドウを画面の上や左右端にドラッグすると自動的にサイズを調整し、最大化や上下左右に並べて表示をする機能です。

この機能が不要な場合、ウィンドウの大きさが勝手に変わらないように無効化することができます。

マルチタスク「ウィンドウのスナップ」の無効化

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

ms-settings:multitasking

「マルチタスク」が開きますので、「ウィンドウのスナップ」を「オフ」にします。

Windows 10 の画面

Windows 11 の画面

「ウィンドウのスナップ」の部分をクリックするとサブメニューが表示されます。

ウィンドウのスナップをオンのままで一部の機能を無効にしたい場合、サブメニューの中で無効にしてみましょう。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました