Windows 10Windows 11システムに関する問題デバイスに関する問題パソコン(ハードウェア)問題解決全般

解決!「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外してもスリープが解除されてしまう

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前の記事、「解決!スリープ中にマウスを動かすとスリープが解除されてしまう Win10/Win11」でマウスを動かすとスリープが解除されてしまう場合の解決法を紹介しました。

しかし、一部の環境では設定してもマウスを動かすとスリープが解除されてしまいます。

今回は、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外してもスリープが解除されてしまう場合の解決法を紹介します。

Windows 10, Windows 11 に対応していますので、お困りの方はお試しください。

スリープが解除されてしまう原因

原因は退席中モードにあります。(環境により効果のない場合があります)

退席中モードが有効になっているため、スリープをしても実際にはスリープをしていない状態、例えると、片目を開けて昼寝をしているような状態になっているということです。

この退席中モードの設定は、電源オプションの「詳細な電源設定の変更」で変更することが出来ますが、デフォルトではこの項目が隠されています。

退席中モードの項目がない

隠された項目を表示するためには、レジストリを編集する必要があります。

隠された項目を表示し、退席中モードを無効にしてあげることでマウスを動かしてもスリープが解除されなくなります。

電源オプションで退席中モードを無効にする方法

レジストリの編集

レジストリの操作を間違えるとシステムが起動できなくなるなど不具合が起きる可能性があります。事前にシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

「regedit」と入力して Enter を押します。

レジストリエディタが開いたら、次のキーを開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20\25DFA149-5DD1-4736-B5AB-E8A37B5B8187
画像クリックで拡大

「25DFA149-5DD1-4736-B5AB-E8A37B5B8187」キーを選択した状態で、右側の REG_DWORD値「Attributes」をダブルクリックして開きます。

値のデータが「1」になっていますので、「2」に変更して OK をクリックします。

REG_DWORD値「Attributes」

REG_DWORD値「Attributes」の値のデータが変更されたことを確認してください。

画像クリックで拡大

レジストリエディタを終了し、Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

「powercfg.cpl」と入力して Enter を押します。

電源オプションが開きますので、チェックされているプランが現在設定されているプランなので、右側にある「プラン設定の変更」をクリックします。

「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

「スリープ」を開くと「退席中モードを許可するポリシー」という項目が追加されていますね。

ここにある「バッテリー駆動」と「電源に接続」をどちらも「いいえ」に変更します。

変更をしたら、OK をクリックして電源オプションを閉じてください。

一度スリープをして、マウスを動かしてもスリープが解除されなくなったかを確認してみてください。

※マウスのボタンをクリックした場合はスリープが解除されます。

スタンバイ状態を解除できるデバイスをすべて表示し、解除できないようにする でマウスのボタンをクリックしても解除されないようにできます。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました