当サイトでは、Windows 10, Windows 11 関連の情報や問題解決方法、自作ソフトなどを紹介しています。
Windows 10Windows 11システムに関する問題問題解決全般

Win10/Win11 ローカル アカウントのパスワード リセット ディスクを作成する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ローカルアカウントのパスワード リセット ディスクを作成する方法とパスワードをリセットする方法を紹介します。

Windows 10、または Windows 11 のローカルアカウントのパスワードを忘れてしまい、初期化をしたという経験はありませんか?

「パスワード リセット ディスク」を作成しておけば、パスワードを忘れても簡単にリセットすることが出来ます。

スポンサーリンク

ローカル アカウントのパスワード リセット ディスクを作成する方法

パスワード リセット ディスクは、作成したユーザーアカウントのみに使えるものですので、別のユーザーアカウントがある場合は、ユーザーアカウントごとに作成する必要があります。

パスワード リセット ディスクを作成するには、USB フラッシュ ドライブ(SDカードも対応)が必要です。

SDカード、USBメモリのどちらでも構いませんので、先に接続しておきます。

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

control

コントロールパネルが開きますので、表示方法を「大きいアイコン」に変更し、「ユーザーアカウント」をクリックします。

「パスワード リセット ディスクの作成」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次のドライブにパスワードキーデスクを作成する」が接続したUSB フラッシュ ドライブになっているかを確認し、「次へ」をクリックします。

「現在のユーザーアカウント パスワード」にパスワードを入力し、「次へ」をクリック。

進行状況が 100% になったら、「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックしてパスワード リセット ディスクの作成完了です。

パスワード リセット ディスクで作成されたファイル「userkey.psw」のサイズは「2KB」と非常に小さなファイルですので、容量の小さい USB フラッシュ ドライブでも問題ありません。

この「userkey.psw」というファイルを移動や削除をしなければ、別のファイルなどを保存しても問題なくパスワードリセットディスクとして使用することが出来ます。

ローカル アカウントのパスワード リセット ディスクを複数のアカウント用にする方法

パスワード リセット ディスクを作成した後にパスワードを変更したらどうなる?

パスワード リセット ディスクを作成した後にパスワードを何度変更しても、パスワード リセット ディスクを作成したアカウントのパスワードはリセットできます。

もう一度作成する必要はありません。

パスワードをリセットする方法

1.まずパスワードリセットディスクを PC に接続しておきます。

2.パスワードを適当に入力してサインインを実行します。

次のように「パスワードが正しくありません。入力し直してください。」と表示されますので、OK をクリックします。

OK をクリックします。

3.すると、パスワード入力ボックスの下に「パスワードのリセット」と表示されますので、クリックして画面に従って操作してください。

「パスワードのリセット」をクリックします。

パスワードは忘れてしまってからでは遅いので、できるだけパスワード リセット ディスクを作成しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows 技!

コメント

タイトルとURLをコピーしました