Windows 10Windows 11Windows便利機能カスタマイズバッチファイル & VBScript

Win10/Win11 すべてのバッチファイルを常に管理者として実行する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 10 と Windows 11 のすべてのバッチファイルを常に管理者として実行する方法を紹介します。

当サイトでも紹介しているバッチファイルは、管理者権限の必要なファイルやフォルダーなどにアクセスする場合、管理者として実行する必要があります。

通常管理者権限でバッチファイルを実行するには、ファイルを右クリック>「管理者として実行」をクリックする必要があります。

スポンサーリンク

すべてのバッチファイルを常に管理者として実行する方法

常に管理者権限で実行できるショートカットを作成する方法もありますが、ここではレジストリを編集する方法を紹介します。

レジストリの編集を行うことですべてのバッチファイル(新規に作成したバッチファイルも含む)を常に管理者権限で実行することが出来るようになります。

レジストリの編集方法

レジストリの操作を間違えるとシステムが起動できなくなるなど不具合が起きる可能性があります。事前にシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

Windowsキー+Rを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

「regedit」と入力して Enter を押し、レジストリエディタを開きます。

次のキーを開きます。

HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell

shell キーを選択した状態で右側の(既定)をダブルクリックして開きます。

値に「runas」と入力して OK をクリックします。

HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell
画像クリックで拡大

この時点でバッチファイル(拡張子が bat のファイル)を常に管理者として実行することが出来ます。

次のコードをコピーし、バッチファイルを作成してダブルクリックで開いて確認してみてください。

echo hello
pause

バッチファイルを右クリックして「管理者として実行」をクリックした時と同じように、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されます。

拡張子が cmd のファイルも編集したい場合は次のキーを開き、上記と同じように次の値を変更します。

HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell

元に戻す場合は、編集した値(既定)を右クリックし、削除をクリックします。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました