Windows 10Windows 11カスタマイズセキュリティバッチファイル & VBScript便利機能

Win10/Win11 すべてのバッチファイルを常に管理者として実行する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 10 と Windows 11 のすべてのバッチファイルを常に管理者として実行する方法を紹介します。

当サイトでも紹介しているバッチファイルは、管理者権限の必要なファイルやフォルダーなどにアクセスする場合、管理者として実行する必要があります。

通常管理者権限でバッチファイルを実行するには、ファイルを右クリック>「管理者として実行」をクリックする必要があります。

すべてのバッチファイルを常に管理者として実行する方法

常に管理者権限で実行できるショートカットを作成する方法もありますが、ここではレジストリを編集する方法を紹介します。

レジストリの編集を行うことですべてのバッチファイル(新規に作成したバッチファイルも含む)を常に管理者権限で実行することが出来るようになります。


レジストリの編集方法

レジストリの操作を間違えるとシステムが起動できなくなるなど不具合が起きる可能性があります。事前にシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

Windowsキー+Rを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

「regedit」と入力して Enter を押し、レジストリエディタを開きます。

次のキーを開きます。

HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell

shell キーを選択した状態で右側の(既定)をダブルクリックして開きます。

値に「runas」と入力して OK をクリックします。

HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell
画像クリックで拡大

この時点でバッチファイル(拡張子が bat のファイル)を常に管理者として実行することが出来ます。

次のコードをコピーし、バッチファイルを作成してダブルクリックで開いて確認してみてください。

echo hello
pause

バッチファイルを右クリックして「管理者として実行」をクリックした時と同じように、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されます。

拡張子が cmd のファイルも編集したい場合は次のキーを開き、上記と同じように次の値を変更します。

HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell

元に戻す場合は、編集した値(既定)を右クリックし、削除をクリックします。

当サイトでは、Windows 10/11 関連の情報、問題解決法やカスタマイズ方法などを紹介しています。皆様にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント(降順)

OSの不具合に関する質問の場合は、明確かつ迅速に解決するために、以下の情報を分かる範囲で質問に含めてください。

1. 使用しているOSのバージョン

  • 例:Windows 10 Home 22H2、Windows 11 Pro 21H2 など

2. 発生している具体的な症状

  • 具体的な症状をできるだけ詳しく説明してください。
  • エラーメッセージが表示される場合は、その内容を正確に記載してください。
  • いつ、どのような操作中に問題が発生したのかを明記してください。

3. 症状が出たのはいつからですか?

  • 症状が出始めた時期をできるだけ具体的に教えてください。

4. 症状が出る前に何か特別な操作をしましたか?

  • 以下のような操作を行った場合は、教えてください。
    • アプリのインストール
    • システムの設定を変更するツールを使用した
    • ファイルの削除
    • レジストリの編集
    • その他

5. 症状が出た後に試したことはありますか?

  • 問題解決のために試したことを分かる範囲でリストアップしてください。
  • インターネットで調べた解決策を試したかどうか、その結果も記載してください。

6. Windows Updateは定期的に行っていますか?

  • 最近インストールした更新プログラムを教えてください。
  • 例:KB5034441

7. セキュリティソフトをご利用されていますか?

  • セキュリティソフトの種類(名称)を教えてください。

8. PCの型番

  • PCの型番がわかれば教えてください。
  • わからない場合は、「デスクトップ」または「ノート」と記入してください。
タイトルとURLをコピーしました