Windows 10Windows NewsWindows Update に関する問題Windows 不具合情報便利機能問題解決全般

Win10 「KB5026361」インストールでブルースクリーン発生

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Microsoft は、2023/05/09 に Windows 10 のいくつかのセキュリティ脆弱性を修正するための更新プログラム「KB5026361」をリリースしました。

現在 Reddit および Microsoft フィードバックセンターでは、更新プログラム「KB5026361」のインストール後に発生する多くの問題が報告されています。

中でも最もよく報告されている問題はブルースクリーンです。

エラーメッセージは「PROCESS1_INITIALIZATION_FAILED」であり、Microsoft の以前の記事ではサードパティ製のアプリケーションが Windows 10 の圧縮テクノロジーと互換性がないのが原因ということです。

現在わかっていることは、エラーメッセージ「PROCESS1_INITIALIZATION_FAILED」が出るのは古いバージョンの Windows 10 であること。

「PROCESS1_INITIALIZATION_FAILED」エラーを回避する方法

更新プログラム「KB5026361」のアンインストール、または Windows 10 を最新のバージョン(22H2)に更新することで回避できる可能性があります。

Windows が起動できない場合、セーフモードでの起動をお試しください。

Win11 セーフモードなどが選択できる「高度なスタートアップ オプション」の開き方

セーフモードで起動後、スタートアップ項目をすべて無効にします。

不要なスタートアップ項目を無効化

※後で戻せるように、無効化した項目をメモしておいてください。

スタートアップ項目をすべて無効にしたら一度再起動します。

通常通り起動出来たら、更新プログラム「KB5026361」をアンインストールします。

Win10/Win11 更新プログラムをアンインストールする2つの方法

または、Windows 10 のバージョンが 21H2 の場合、22H2 へアップデートすることをおすすめします。

Windows 10 21H2 のサポート期限は 2023 年 6月 13日まで

その他の報告されている問題

上記以外の問題は次の通りです。

  • 更新プログラム「KB5026361」のインストール時のエラー コード「0x800f0922」
  • システムのランダムな再起動
  • 一連のエラーメッセージのポップアップ表示
  • アップデートの失敗
  • クラッシュ

Microsoft からの返答は今現在ないようです。

更新プログラム「KB5026361」をインストールされていない方は、万が一に備えてシステムの復元ポイントを作成しておくことをおすすめします。

システムの復元(バックアップ)作成、復元、削除方法

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました