Windows 11Windows Newsエクスプローラーに関する問題

Win11 エクスプローラーのアドレスバーにドラッグしてファイル移動する機能が復活する?

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows 11 バージョン 23H2 では、以前紹介したようにアドレスバーに表示されているフォルダー名にファイルやフォルダーをドラッグしても移動ができなくなりました。

その場合の対処法も次のページで紹介していますが、本日入った情報によると「Windows 11 Insider Preview Build 22635.3420」では上記の機能が復活されているようです。

Win11 23H2 ではエクスプローラーのアドレスバーにドラッグしてもファイルの移動ができなくなる

ということは、今後の更新プログラムで機能が復活する可能性があるということになります。

アドレスバーにドラッグしてファイル移動する機能は非常に便利であったのですが、Microsoft はこの機能を廃止し、再度復活させようとしています。

多くのユーザーが機能の廃止に不満を抱いていたことから、今回復活させようとしているのだと思いますが、そもそも何故廃止したのだろう?と疑問に思う方が少なくないと思います。

ここからは筆者の勝手な推測ですが、エクスプローラーは UI が大幅に変更されています。

この変更を担当した技術者が機能を組み込み忘れたか、そもそもアドレスバーにドラッグしてファイル移動する機能自体を知らなかったのではないか?そして、そのままリリースに至ったのではないか?と考えています。

というのも、この機能自体を廃止する理由が見つからないからです。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました