Windows 11カスタマイズデバイスに関する問題パソコン(ハードウェア)問題解決全般

Win11 ノートパソコンのバッテリーの減りが早い場合の対処法

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 11 ノートパソコンのバッテリーの減りが早い場合の対処法を紹介します。

Windows 11 にしてからバッテリーの減りが早くなって困っている方もたくさんいるのではないでしょうか。

Windows 11 ノートパソコンのバッテリーの減りが早い場合の対処法

1.画面の明るさを下げる

画面は多くの電力を消費します。

バッテリーの減りが早い場合は明るさを少し下げてみましょう。

明るさの調整はタスクトレイの右下にあるアクションセンターのアイコンをクリックし、出てきたスライドバーで調整することができます。

Win10/Win11 画面の明るさが変更できない場合の対処法

2.ビデオ再生をバッテリーに最適化

1.Windowsキー + I を押して、「設定」を開きます。

2.左側の「アプリ」をクリックします。

3.右側を下にスクロールし、「ビデオの再生」をクリックします。

4.「バッテリーのオプション」で「バッテリー残量の最適化」を選択します。

5.「バッテリーのオプション」の右側の矢印をクリックします。

6.「バッテリーのときは低い解像度でのビデオを再生する」にチェックを入れます。

これでバッテリー使用時のビデオ再生で電力の消費を抑えることが出来ます。

3.電源プランの変更

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

powercfg.cpl

電源オプションが開きますので、「省電力」を選択します。

電源プランの「省電力」がない場合

電源プランの「省電力」がない場合は作成しましょう。

左側にある「電源プランの作成」をクリックします。

1.「省電力」を選択します。

2.プラン名を入力します。

3.次へをクリックします。

「作成」をクリックします。

これで「省電力」が作成され、選択された状態になります。

プランを変更したくても選択できない場合、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックすると変更できるようになります。

4.バッテリー節約機能を有効にする

バッテリー節約機能を有効にすることでバッテリーを節約します。

1.Windowsキー + I を押して、「設定」を開きます。

2.右側を下にスクロールし、「電源とバッテリー」をクリックします。

3.右側を下にスクロールし、「バッテリー節約機能」をクリックします。

4.「今すぐ有効」をクリックします。

通常「バッテリー節約機能」は、バッテリーの残量が 20% になると自動で有効になりますが、最初から有効にしておくことでバッテリーを節約することが出来ます。

上記以外でも Windows 11 の動作を軽くする方法|動作が重くて遅い の記事の方法を実行することで多少電力の消費を抑えることが出来ます。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました