Windows 10Windows 11ソフトウェアパフォーマンスアップ便利機能

Edge の PDF リーダーで Adob​​e Acrobat の PDF エンジンを使う

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在 Microsoft Edge の PDF リーダーには Adob​​e Acrobat PDF エンジンが組み込まれており、2024 年 5月上旬までにはすべての消費者向けデバイスで Adob​​e Acrobat PDF エンジンに切り替わる予定です。

※Microsoft Edge の従来の PDF エンジンは、早ければ 2024 年 5月初頭に削除される予定です。(2024 年 3 月 4 日時点の情報)

Microsoft Edge の PDF リーダーに Adob​​e Acrobat PDF エンジンを搭載することで、より正確な色とグラフィックスの高い忠実度、パフォーマンスの向上、 PDF 処理の強力なセキュリティ、アクセシビリティの向上など、独自の PDF エクスペリエンスを得ることができるようになります。

テキストの選択と読み上げナレーションなど、従来の機能は今後も無料で利用でき、便利な「テキストを追加」する機能が追加されています。

Microsoft Edge の PDF リーダー

「テキストを追加」では文字の色、文字の大きさ、文字の幅を変更することができます。

「テキストを追加」

また、テキストの移動も自由にでき、一度確定した後でも再度テキストをクリックすると編集や移動ができます。

現在 Adob​​e Acrobat PDF エンジンに切り替わっていない場合でも、設定をすれば切り替えることができますのでお試しください。

スポンサーリンク

Microsoft Edge の従来の PDF エンジンを Adob​​e Acrobat PDF エンジンに切り替える方法

この機能を有効にすると PDF リーダーの右上に「Acrobat で編集」という項目が追加されます。

Edge の PDF リーダー – 「Acrobat で編集」

「Acrobat で編集」をクリックした際に表示される機能を使うには Acrobat Standard を購入する必要があります。購入をすると次の機能が使えるようになりますが、必要のない場合は購入する必要はありません。

PDF コンテンツを編集

  • PDF ファイルにテキストや段落を追加
  • 誤字の修正とフォントの変更
  • 画像やページを追加、削除、または置換

Acrobat のその他の機能

  • PDF を Microsoft Word、Excel、および PowerPoint ファイルに変換
  • 画像、Microsoft Office ファイルなどから PDF を作成
  • 複数のファイルを 1 つの PDF に結合してページを整理
  • ファイルサイズを縮小して簡単に共有
  • 文書を送信して、オンラインで署名をすばやく依頼
  • パスワードを追加して PDF を保護

支払方法は 3つ(7日間の無料体験あり 無料体験後 1,518円/月)

  • 年間サブスクリプション>年間プラン (月々払い) 1,518円/月(税込)
  • 年間プラン (一括払い) 18,216円/年(税込) 月当たり: 1,518 円/月(税込)
  • 年間契約不要 月々プラン 2,728円/月

1.Microsoft Edge を開き、アドレスバーに次のコードを入力して Enter を押します。

edge://flags/

2.「試験段階の機能」が表示されますので、検索ボックスに「New PDF Viewer」と入力します。

3.すると「New PDF Viewer」が表示されますので、「Default」を「Enabled」に変更します。

試験段階の機能

4.右下に「再起動」ボタンが表示されますのでクリックしてください。

すると、Microsoft Edge が自動で再起動され、Adob​​e Acrobat PDF エンジンに切り替わります。

元に戻したい場合は「Enabled」を「Default」に変更して「再起動」ボタンをクリックします。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました