Windows 11Windows NewsWindows Update に関する問題Windows 不具合情報アプリケーションに関する問題インターネットに関する問題システムに関する問題ディスプレイに関する問題デバイスに関する問題問題解決全般

「KB5026446」 のインストール後に不具合発生 Windows 11

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先月リリースされた更新プログラム「KB5026446」をインストールした後に、一部の環境で不具合が発生しているようです。

先日の記事 Windows 11 22H2 Moment 3(KB5026446) で紹介したように、「KB5026446」では多くの機能が追加されています。

今回の不具合で一番ユーザーが困ることは、筆者もそうでしたが、「KB5026446」が自動でインストールされてしまうということ。

まだ「KB5026446」をインストールしたくないというユーザーが多いのではないでしょうか?

現在報告されている不具合は次の通りです。

  • Microsoft Store が正常に動作しない。
  • Xbox Game Pass のゲームがプレイできない。
  • 無線LAN の接続ができない。
  • フィードバック Hub によると、「KB5026446」をインストールすると、最悪の場合アプリケーションが開けなくなり、システムがフリーズする可能性があるとのこと。
  • 一部のユーザーは、「KB5026446」をインストール後、PC がスリープモードに入ると起動できなくなり、モニターにも何も映らず、カメラの横のランプが赤く点滅し、しばらくすると PC が突然再起動すると言っています。
  • 別のユーザーは、「ファン制御機能が機能しておらず、ノートPC のファンは常にフル回転し、設定を変えても改善しないと言っています。
  • さらに、一部のデバイスでは、キーボードやマウスが反応しなくなったり、外部キーボードが自動的に切断されるなど、ハードウェアの問題が発生しています。

これらの問題が発生した場合、「KB5026446」をアンインストールし、更新を一時停止することをおすすめします。

更新プログラムのアンインストール、Windows Update の一時停止方法は次のページを参考にしてください。

6月に修復予定「KB5026372」の不具合「今後数週間のうちに」修正プログラムをリリース

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました