NVIDIAWindows 10Windows 11Windows Newsアプリケーションに関する問題ディスプレイに関する問題問題解決全般

NVIDIA が画面のちらつきや FPS が制限される等の不具合を修復

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NVIDIA のグラフィックドライバーのバージョン「535.98 WHQL」では、画面のちらつきや画面が黒くなる不具合が出ていました。

NVIDIA 最新ドライバーが原因で画面のちらつき及び画面が黒くなる

NVIDIA は、画面のちらつきや画面が黒くなる原因を次のように言っています。

「アダプティブ同期をサポートする複数のモニターを使用している場合、ドライバー 535.98 に更新した後に G-SYNC が有効になっていると、特定のディスプレイでランダムなちらつきが見える場合があります。」

これらの不具合は、今回 2032/06/14 にリリースされた最新のバージョン「536.23WHQL」で修正されており、他にも FPS が制限される等の修復も含まれています。

NVIDIA より – Google 翻訳

不具合が出て古いバージョンにダウングレードしている方は、最新バージョンに更新してみてください。

NVIDIA 公式グラフィックドライバーのダウンロード方法

2023/08/02:

NVIDIA 不具合再発 画面のちらつきと黒い画面&回避法

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました