Windows 10Windows Update に関する問題問題解決全般

Windows 10 が勝手に Windows 11 にアップグレードされるのを防ぐ方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 10 が勝手に Windows 11 にアップグレードされるのを防ぐ方法を紹介します。

最近多くのユーザー環境で PC を起動したら勝手に Windows 11 にアップグレードされてしまったという現象が起きています。

これは Microsoft が意図的に行っているのかユーザーが誤って更新してしまったのかはわかりませんが、勝手にアップグレードさせたくない場合は今回紹介する方法で防ぎましょう。

※ご自身でアップグレードした場合は防げません。

Windows 10 が勝手に Windows 11 にアップグレードされるのを防ぐ方法

まず Windows のバージョン情報を確認しておきましょう。

Windowsキー + R を押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコードを入力して Enter を押します。

winver

次の画像の赤枠で囲んでいるのが現在の OS のバージョンです。

Windows のバージョン情報

1.ローカルグループポリシーエディターを開きます。

Windows 10 Home エディションの場合、デフォルトではローカルグループポリシーエディターが使えませんので、次のページを参考に有効にしてください。

ローカルグループポリシーエディター

Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「gpedit.msc」と入力して Enter を押すと開くことができます。

2.ローカルグループポリシーエディターが開いたら、コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windows コンポーネント>Windows Update>「Windows Update for Business」と開いていきます。

3.「Windows Update for Business」を選択した状態で右側の欄の「ターゲット機能更新プログラムのバージョンを選択する」をダブルクリックで開きます。

ローカルグループポリシーエディター

4.次の画像を参考に①で「有効」を選択し、②に OS の名前(半角で Windows 10)を入力します。

※Windows と 10 の間には半角スペースを入れます。

③には先ほど確認した OS のバージョンを入力します。

ターゲット機能更新プログラムのバージョンを選択する

入力が終わったら OK をクリックしてください。

5.「ターゲット機能更新プログラムのバージョンを選択する」が「有効」に変更されているのを確認したらローカルグループポリシーエディターを閉じます。

ローカルグループポリシーエディター

6.PC を再起動します。

※この方法は、現在 Windows 10 が勝手に Windows 11 にアップグレードされるのを防ぐ方法として有効な方法ですが、今後 Microsoft 側で無効にされる可能性もあります。

Windows 10、11 の自動更新を 777週間一時停止する

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました