Windows 11システムに関する問題問題解決全般

Win11 管理者アカウントを標準ユーザーに変更してしまった場合の戻し方

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 11 のユーザーアカウントの設定で、管理者アカウントを標準ユーザーに変更してしまった場合の戻し方を紹介します。

「ファイル名を指定して実行」に「netplwiz」と入力して Enter を押すと、ユーザーアカウント設定が表示され、アカウントの種類を変更することができます。

ファイル名を指定して実行

標準ユーザーに変更した直後にサインアウトをするか聞かれますが、サインアウトをする前であれば管理者アカウントに戻すことができます。

しかし、サインアウトをしてしまうと、それ以降は「netplwiz」が実行できなくなってしまい、「ユーザーアカウント制御」の画面にも「いいえ」のみが表示され何もできなくなってしまいます。

ユーザーアカウント制御

このように、1つしかない管理者アカウントを標準ユーザーに変更してしまうと管理者権限が必要な操作ができなくなりますので注意してください。

ただ、今回紹介する方法で元に戻すことができるので心配いりません。

スポンサーリンク

管理者アカウントを標準ユーザーに変更してしまった場合の戻し方

1.スタートボタンの右クリックから「再起動」をする際に、Shift キーを押しながら「再起動」をクリックします。

2.高度なスタートアップ オプション が開きますので、「トラブルシューティング」をクリックします。

高度なスタートアップ オプション

3.「詳細オプション」をクリックします。

高度なスタートアップ オプション – トラブルシューティング

4.「スタートアップ設定」をクリックします。

高度なスタートアップ オプション – トラブルシューティング – 詳細オプション

5.右下の「再起動」をクリックします。

高度なスタートアップ オプション – トラブルシューティング – 詳細オプション – スタートアップ設定

6.キーボードの F4 キーを押します。

高度なスタートアップ オプション – トラブルシューティング – 詳細オプション – スタートアップ設定

7.セーフモードで Windows 11 が立ち上がりますので、「ファイル名を指定して実行」に「netplwiz」と入力して Enter を押します。

ファイル名を指定して実行

8.すると、「ユーザーアカウント制御」が表示され、Administrator のパスワードが入力できるようになっていますので、パスワードを設定したことがなければそのまま「はい」をクリックします。

※Administrator のアカウントを有効にする必要はありません。

ユーザーアカウント制御

9.標準ユーザーに変更してしまったアカウントのプロパティを開き、「管理者」に変更して OK をクリックします。

ユーザーアカウントの設定

10.次のように「グループ」が「Administrator」に変わっていれば設定は完了ですので、OK をクリックしてスタートボタンから PC を再起動してください。

ユーザーアカウントの設定

PC が起動すると元通りの管理者アカウントになっていますので、設定などを開いてみましょう。

ユーザーアカウントの設定

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました