Windows 10Windows NewsWindows Update に関する問題問題解決全般

Win10 KB5032278 のインストール後に Copilot が有効にならない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Microsoft は、2023/11/30 に更新プログラム KB5032278 をプレビューリリースしました。

先日の記事 Windows 10 にも新機能 Copilot が追加される でもお伝えしましたが、KB5032278 をインストールすることにより Copilot が導入されました。

しかし、今の時点では KB5032278 のインストール後すぐに Copilot を使用することはできません。

Windows 10 で Copilot を使用するためには以下の方法を実行する必要があります。

スポンサーリンク

Windows 10 で Copilot を有効にする方法

まず Microsoft アカウントでサインインをしておきましょう。

方法1

KB5032278 で Copilot が導入されましたが、今現在インストール後にすぐに使えるようにはなりません。

Copilot を使えるようにするには、Windows Update の画面にある「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」を「オン」にします。

Windows Update の画面

Windows Update の開き方

ただ、この方法では順次有効になるとのことで、すぐには使えるようにはなりません。

また、いつ使えるようになるかもわかりません。

もしもすぐに Copilot を使いたい場合は「方法2」を実行してください。

方法2

このツールはシステムに変更を加えます。筆者の環境では問題ありませんでしたが、これによりシステムが不安定になることもあるかもしれませんので注意してください。実行する前に必ずシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

※この方法では Windows Update の画面にある「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」を「オン」にする必要はありません。

「ViVeTool」をダウンロードする必要がありますので、次のページから zip ファイルをダウンロードしてください。

https://github.com/thebookisclosed/ViVe/releases/

2023/12/20 現在の最新バージョンは v0.3.3 です。

ViVeTool

新しく導入された ARM64 サポートにより、このリリースには 2 つのバージョンがあります
ViVeTool-v0.3.3.zipはIntelおよびAMD CPU互換性があります(通常はこちらを使用)
ViVeTool-v0.3.3-ARM64CLR.zipはQualcomm SnapdragonおよびMicrosoft SQ CPUと互換性があります

ダウンロードした zip ファイルを解凍し、解凍したフォルダーを開きます。

1.フォルダーを開いたら、エクスプローラーのアドレスバーにある「ViVeTool」のパスをコピーしてください。

「ViVeTool」のフォルダー

2.次にスタートボタンを右クリック>「Windows Power Shell(管理者)」をクリックします。

3.ユーザーアカウント制御の画面が開いたら「はい」をクリックします。

4.PowerShell に半角で「cd 」と入力します。(cd の後に半角スペースを入れます)

5.そのままマウスの右ボタンをクリックをすると、先ほどコピーしたアドレスが入力されますので、Enter を押してください。

Windows Power Shell

次の画像のようになれば OK です。

Windows Power Shell

6.次のコマンドを入力して Enter を押します。

.\vivetool.exe /enable /id:46686174,47530616,44755019
Windows Power Shell

「Successfully set feature configuration(s)」と表示されていれば OK です。

7.そのまま次のコマンドを入力して Enter を押します。

reg add HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\Shell\Copilot\BingChat /v IsuserEligible /t REG_DWORD /d 1 /f
Windows Power Shell

「この操作を正しく終了しました。」と表示されたら操作完了です。

Windows Power Shell を閉じ、一度 PC を再起動するとタスクトレイの右端に Copilot のアイコンが追加されます。

タスクトレイに Copilot が追加された

Copilot のアイコンをクリックすると Copilot が開きます。

Copilot

タスクトレイの Copilot のアイコンは、タスクバーの右クリックメニューから表示、非表示することができます。

タスクバーの右クリックメニュー

一度 Copilot が有効になれば、ローカルアカウントに切り替えても Copilot はそのまま使うことができます。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました