AMDIntelWindows 10Windows 11システムに関する問題パソコン(ハードウェア)パフォーマンスアップ問題解決全般

ノートPC の充電中に動作が重く、処理速度が遅くなる原因と対処法

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

通常問題のないノートPC でも、充電をしている時だけ何故か動作が重くなり、処理速度が遅くなってしまう場合があります。

今回は、ノートPC の充電中に動作が重く、処理速度が遅くなる原因と対処法を紹介します。

ノートPC の充電中に動作が重く、処理速度が遅くなる原因と対処法

何故充電中に動作が重く、処理速度が遅くなるのか?

一部のノートPC は、充電時にバッテリーの温度上昇を防ぐために CPU の速度を落とす場合があります。

そのため、ノートPC 全体の動作が大幅に遅くることがあります。(これはすべてのノートPC には当てはまりません)

この場合、過熱を防ぐための熱対策やシステムの設定を変更する必要があります。

また、充電ケーブルやアダプターに原因がある場合があります。

対処法

1.充電中にノートPC が異常に熱くなっていないかを確認

ノートPC を手で触ってみて異常に熱くなっている場合、CPUファンなどが正常に動作しているかを確認します。

また、通気口が塞がっていないか?通気口にホコリが溜まっていないかを確認してください。

CPUファンが正常に動作している場合でも冷却がしっかりできていない場合があります。

特に古いノートPC の場合、CPUグリスを塗り直す必要がある場合があります。

CPUグリスは年月が経つと固まって冷却効果が失われ、しっかりと冷却ができなくなります。

CPU がしっかりと冷却できなければ、ノートPC全体の動作が重くなります。

通気口などのホコリは、掃除機の先端にブラシの付いたノズルを付けて擦りながら吸ってあげると綺麗に取れます。

ノートPC 内部のホコリや CPUグリスの塗り直しは、一般の方では難しいので、専門店にお願いすることをおすすめします。

スポンサーリンク

2.充電ケーブルまたはアダプター

安価な充電ケーブルまたはアダプターを使用している場合、充電中にノートPC の動作が不安定になる場合があります。

その場合、別の充電ケーブルやアダプターを使用することで解決できる場合があります。

特に充電中に異常に熱くなるケーブルやアダプターは避けた方が良いでしょう。

3.電源プランの設定

ゲームをする方など、電源オプションで電源プランを「高パフォーマンス」や「究極のパフォーマンス」に設定している場合がありますが、充電中は「バランス」に切り替えることをおすすめします。

※もちろん症状がなければそのままで構いません。

どっちがいい? 究極のパフォーマンスと高パフォーマンス|電源プラン

電源プランを「バランス」に切り替えても動作が不安定な場合、電源オプションを開き、現在の電源プランの右側にある「プラン設定の変更」をクリックします。

電源オプション

「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

電源オプション – プラン設定の編集

「プロセッサの電源管理」を開き、次の画像を参考に「最大のプロセッサの状態」を「100%」から「90%」に変更し、OK をクリックします。

電源プラン – 最大のプロセッサの状態

最後に「変更の保存」をクリックして完了です。

電源オプション

上記の 1~3 の対処法を実行しても改善されない場合は PC の専門店に相談するか、充電中は使用しないようにしましょう。

またはノート PC が古いのであれば、新しいノートPC の購入をご検討ください。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました