Windows 10Windows 11バッチファイル & VBScript便利機能

Win10/Win11 Wi-Fi の接続を再起動するバッチファイル

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Wi-Fi の接続を再起動するバッチファイルを紹介したいと思います。

Windows 10 または Windows 11 の起動時に、うまく Wi-Fi に接続できないことがあります。

そして、時には Wi-Fi が接続済みと表示されていてもインターネットに接続できない場合があります。

その場合は一度 Wi-Fi を切断してから再度接続すれば、ほとんどの場合は正常に接続できるようになります。

Win10/Win11 解決!起動時に Wi-Fi に繋がらない

バッチファイルとは?バッチファイルの実行方法

Wi-Fi の接続を再起動するバッチファイル

@echo off

sc stop WlanSvc

ping -n 5 127.0.0.1>nul

sc start WlanSvc

exit

コードの説明

sc stop WlanSvc = WlanSvc サービス(WLAN AutoConfig)を停止します。

ping -n 5 127.0.0.1>nul = 5秒間一時停止します。

sc start WlanSvc = WlanSvc サービス(WLAN AutoConfig)を開始します。

WLANSVC サービスは、IEEE 802.11 標準で定義されているワイヤレス ローカル エリア ネットワーク (WLAN) の構成、検出、接続、切断に必要なロジックを提供します。これには、このコンピューターをソフトウェア アクセス ポイントに変更し、このサービスをサポートする WLAN アダプターを使用して他のデバイスやコンピューターがワイヤレスにこのコンピューターに接続できるようにするロジックも含まれています。WLANSVC サービスを停止または無効にすると、このコンピューターのすべての WLAN アダプターは、Windows ネットワーキング UI からアクセスできなくなります。コンピューターに WLAN アダプターが接続されている場合は、WLANSVC サービスを実行しておくことをお勧めします。

MicroSoft

WlanSvc サービス(WLAN AutoConfig)を停止すると Wi-Fi は切断され、タスクトレイのアイコンは地球儀のアイコンに変わります。

WlanSvc サービス(WLAN AutoConfig)を開始すると Wi-Fi は接続され、タスクトレイのアイコンは元のアイコンに変わります。

バッチファイルの実行

バッチファイルは管理者として実行する必要があります。

バッチファイルの上で右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

「ユーザーアカウント制御」の画面が表示される場合がありますので、「はい」をクリックします。

すると自動で Wi-Fi の再起動が行われます。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました