Windows 10Windows 11エクスプローラーに関する問題カスタマイズ便利機能

Win10/Win11 ファイルの右クリックメニューにサブメニューを追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Windows 10 と Windows 11 でファイルを右クリックした際に表示されるコンテキストメニューにサブメニューを追加する方法を紹介します。

ここでは「ごみ箱に移動せずに削除する」>「完全に削除」を追加する手順、その他のコマンドを実行するメニューを追加する手順を紹介します。

ごみ箱に移動せずに削除する

Windows 11 の右クリックメニューを以前のメニューに戻す

ファイルを通常の「削除」で削除した場合、ファイルは削除されずに「ごみ箱」に移動されます。

Windows 11 の場合、一定期間が過ぎた「ごみ箱」内のファイルは自動的に削除されるようになっていますが、「ごみ箱」に移動せずに直接削除したい場合に「ごみ箱に移動せずに削除する」を追加しておくと便利です。

Win11 ごみ箱のファイルが勝手に削除される場合の確認項目

ファイルの右クリックメニューにサブメニューを追加する方法

レジストリの操作を間違えるとシステムが起動できなくなるなど不具合が起きる可能性があります。事前にシステムの復元などでバックアップを取り、自己責任で行うようお願いします。

1.Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「regedit」と入力して Enter を押します。

2.レジストリエディタが開きますので、次のキーを開きます。

HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shell

3.「shell」キーの上で右クリック>新規>「キー」をクリックします。

4.「新しいキー #1」の名前を「DeletePermanently」に変更します。

5.「DeletePermanently」キーの上で右クリック>新規>「文字列値」をクリックします。

6.「新しい値 #1」の名前を「MUIVerb」に変更します。

7.「MUIVerb」をダブルクリックて開き、値のデータを「ごみ箱に移動せずに削除する」に変更し、OK をクリックします。

MUIVerb

「MUIVerb」には、メニューに表示する名前を入力します。

8.「DeletePermanently」キーの上で右クリック>新規>「文字列値」をクリックします。

9.「新しい値 #1」の名前を「Position」に変更します。

10.「Position」をダブルクリックて開き、値のデータを「Bottom」に変更し、OK をクリックします。

Position

「Position」には、位置を入力します。「Bottom」= 下部、「Top」= 上部、「Position」の値を作成しなければ中央に配置されます。下部にあった方がしっくりくるので、ここでは「Bottom」を入力しています。※細かい位置の調整はできません。

11.「DeletePermanently」キーの上で右クリック>新規>「文字列値」をクリックします。

12.「新しい値 #1」の名前を「SubCommands」に変更します。

13.「SubCommands」をダブルクリックて開き、値のデータを「DeletePermanently」に変更し、OK をクリックします。

SubCommands

「SubCommands」には、サブメニューに登録するキー名を入力します。

サブメニューを複数登録したい場合は、例えば「マイコンピューター」、「ドキュメント」、「ピクチャ」を追加したい場合、サブメニューに登録するキー名を決めてセミコロン「;」で区切って入力してください。

例えば、「MyComputer;Document;Picture」のように。

SubCommands
HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shell\DeletePermanently

14.次のキーを開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CommandStore\shell

15.「shell」キーの上で右クリック>新規>「キー」をクリックします。

16.「新しいキー #1」の名前を先ほど「SubCommands」に入力した「DeletePermanently」に変更します。

17.「DeletePermanently」キーの上で右クリック>新規>「文字列値」をクリックします。

18.「新しい値 #1」の名前を「ExplorerCommandHandler」に変更します。

19.「ExplorerCommandHandler」をダブルクリックて開き、値のデータを次のコードに変更し、OK をクリックします。

{E9571AB2-AD92-4ec6-8924-4E5AD33790F5}
ExplorerCommandHandler

20.「DeletePermanently」キーの上で右クリック>新規>「文字列値」をクリックします。

21.「新しい値 #1」の名前を「Icon」に変更します。

22.「Icon」をダブルクリックて開き、値のデータを次のコードに変更し、OK をクリックします。

shell32.dll,-240
Icon

「Icon」には、メニューに表示したいアイコンを指定します。

Icon Explorer というソフトを使うと、拡張子「.exe」や「.dll」に含まれるアイコンを閲覧することができます。

赤枠の「shell32_3」=「shell32.dll,3」となります。

Icon Explorer
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CommandStore\shell\DeletePermanently

これでレジストリの編集は完了しましたので、任意のファイルの上で右クリックしてみましょう。

ファイルの右クリックメニューに「ごみ箱に移動せずに削除する」>「完全に削除」が追加されましたね。

ファイルの右クリックメニュー

Windows 11 の場合「その他のオプションを確認する」をクリックして表示します。

Windows 11 の新しい右クリックメニューが使いにくい場合は以前(Windows 10)のメニューに戻すこともできます。

Windows 11 の右クリックメニューを以前のメニューに戻す

スポンサーリンク

「エクスプローラーを開く」を追加してみる

「完全に削除」ではなく「エクスプローラーを開く」などのコマンドを実行するメニューを追加したい場合、次のように変更します。

1.上記の 18番の「ExplorerCommandHandler」の名前を「MUIVerb」に変更します。

2.「MUIVerb」をダブルクリックて開き、値のデータを「エクスプローラーを開く」に変更します。

MUIVerb

3.上記の 21番の「icon」をダブルクリックして開き、値のデータを次のコードに変更し、OK をクリックします。

shell32.dll,3
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CommandStore\shell\DeletePermanently

4.「DeletePermanently」キーの上で右クリック>新規>「キー」をクリックします。

5.「新しいキー #1」の名前を「command」に変更します。

6.右側の欄の「既定」をダブルクリックして開き、値のデータに「explorer.exe」と入力し、OK をクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CommandStore\shell\DeletePermanently\command

これでレジストリの編集は完了しましたので、任意のファイルの上で右クリックしてみましょう。

ファイルの右クリックメニューに「ごみ箱に移動せずに削除する」>「エクスプローラーを開く」が追加されましたね。

ファイルの右クリックメニュー

サブメニューを複数登録する際は、上記の 12番で決めたサブメニューに登録するキー名ごとにキーを作成して値を追加します。

ご自身の好きなようにメニューを編集してみてください。

コメント(降順)

タイトルとURLをコピーしました